仕事 テキパキ 女性, 包装紙 リメイク ポーチ, 子連れ ポスティング 大阪, トマト 塩昆布 作り置き, 鶏もも肉 煮込み トマト, 山本ゆり かぼちゃ チーズ, Ipad クリスタ 強制終了, ローストチキン レシピ 栄養士, 阪大 編入 過去問, Af-p レンズ 一覧, ...">

ブログ

東南アジア 日本軍 感謝

」(「東南アジアの解放と日本の遺産」) アメリカ・ジョージ・ s・カナへレ 政治学博士 「日本占領軍がインドネシア民族主義の為に行った種々の仕事の中で最も重要なものの一つは正規軍及び準軍事組織を創設して、それに訓練を与えたことである。 「日本のお陰でアジアの諸国はすべて独立した。 日本というお母さんは難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすくと育っている。 今日、東南アジア諸国民がアメリカやイギリスと対等に話ができるのは一体誰のお陰であるのか。 「日本軍の占領は残虐なものであった。しかし日本軍の緒戦の勝利により、欧米のアジア支配は粉砕され、アジア人は、自分たちも欧米人に負けないという自信を持った。 日本の敗戦後15年以内に、アジアの植民地は、すべて解放された」 インドネシア人にとっての日本とは?ボクがインドネシア人から話を聞いたなかでは、「オランダの植民地支配を解放した日本」も「インドネシア独立を助けた日本」もなかった。でも「日本軍は残酷な侵略者だ」とか「日本人は恨まれている」という話も聞かない。 一方、日本軍とともに日本の商社や企業も次々と東南アジアに進出し 、欧米の企業が持っていた鉱山や施設を自分たちのものにしていった。 日本はそこで得られた資源を獲得することが目的だったが、戦況 … 英仏独の海軍、インド太平洋へ!中国包囲網・・・日本は腰抜け外交で茂木外相の無能っぷりが露呈, 「クラーケン」と『グレートリセット orグローバルリセット(a global reset)』, 「死の商人」クリントン元大統領夫妻と民主党の不正を黙認するメディア!日本で報道されない闇・・・, 捏造・偏向報道が酷い!不正メディアだらけ!アメリカの左翼メディアと日本の売国メディア, 133年前の法律で逆転勝利!?バイデン陣営の郵便投票・不正疑惑とトランプ大統領の複数の策, 「柳川一件」という武家社会の大切な教訓と日本学術会議の問題点「ねずさんの学ぼう日本史」, 武士道 -BUSHIDO- 日本人の精神の源 Samurai spirits 「武士道というは死ぬことと見つけたり」. 当時多くのアジアの人々は日本軍を大歓迎し、とりわけ欧米列強の植民地支配に苦しめられてきた東南アジアの人々は、宗主国の軍隊を次々と打ち倒していく日本軍の姿に拍手喝采したというのが事実なの … そこへ日本軍が解放軍として進出した。だから現地の8割ぐらいの人間が日本に感謝している。戦後独立国になれたのも、半分は日本のおかげである」 戦前の東南アジアについては無知ですので、このことがどれほど本当かは知りません。 žäº‹ä»¶ 日本人はなぜ虐殺されたのか, GHQ焚書図書開封1 米占領軍に消された戦前の日本, 日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争. 日本軍は占領した他の東南アジア各国に対しても賠償金を支払いましたが、フィリピンへの賠償金は突出して高く、総額の50%を超えています。 実は、当時、このフィリピンに対する賠償金が高すぎると野党が批判しました。 日本占領時期のインドネシア(にほんせんりょうじきのインドネシア、英:Japanese-occupied Dutch East Indies)では、第二次世界大戦中の1942年3月から1945年9月終戦にかけて大日本帝国が占領した「蘭印」と通称される当時のオランダ領東インド(現在のインドネシア)について説明する。 はじめに言っておきますが、戦争という行為自体は良くない事だと子供にでもわかりますが、我が国を守るために命がけで戦った人達は悪いとは思いません。, 命を懸けて国を守ってくれた人たちに対して感謝できないような人達は日本人ではありません。, 日本を貶めようとするメディアや政治家などは、歴史を捏造し、事実を捻じ曲げ、わずかに存在した犯罪者を、まるで日本全体がそうであったかのように大げさに取り上げ悪いイメージを刷り込み続けてきました。, 自存自衛と大東亜の解放を掲げて戦われた日本の戦争は、アジアの諸国民や各国の識者からどのように受け止められていたのでしょうか。, 「第2次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したといわねばならない。, その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。, 日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去200年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。」, 「日本の敗戦、それはもちろん東南アジア全域の独立運動には決定的な意味をもっていた。, いまや真の独立が確固とした可能性となると同時に、西洋の植民地支配の復活も、許してはならないもう一つの可能性として浮び上がってきたのである。, 民族主義者は、日本占領期間中に身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、西洋の植民地支配復帰に対抗した。, そして、日本による占領下で、民族主義、独立要求は、もはや引き返せないところまで進んでしまったということをイギリス、オランダは戦後になって思い知ることになるのである。」, 「日本占領軍がインドネシア民族主義のために行った種々の仕事のなかで、最も重要なものの一つは、正規軍及び准軍事組織を創設して、それに訓練を与えたことである。, このような機会がなかったならば、戦後のインドネシア民族革命の経過は違ったものになっていたであろう。」, 日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。, 今日、東南アジア諸国民が、アメリカやイギリスと対等に話ができるのは、一体だれのおかげであるのか。, 12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大決意された日である。, しかも、マレーシアを占領した日本軍は、日本の植民地としないで、将来のそれぞれの国の独立と発展のために、それぞれの民族の国語を普及させ、青少年の教育をおこなってくれたのです。」, わずか3カ月でシンガポールを陥落させ、我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。, 「日本軍政は、東南アジアの中で最も政治的意識が遅れていたマレー人に、その種を播き、成長を促進させ、マラヤにおける民族主義の台頭と発展に、大きな〝触媒″の役割を果たした」, 「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、350年間に亘り、幾度か屍山血河の闘争を試みたが、オランダの投智なスパイ網と、強靭な武力と、苛酷な法律によって、圧倒され壊滅されてしまった。, 「特にインドネシアが感謝することは、戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せず、インドネシア国軍とともにオランダと戦い、独立に貢献してくれたことである。, 日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけですむものではない。」, われわれは白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。, 「ビルマ、インドネシア、フィリピンなどの東アジア諸国の植民地支配は一掃され、次々と独立し得たのは、日本がはぐくんだ自由への炎によるものであることを特に記さなければならない。」, 「往時、アジア諸民族の中で、日本のみが強力かつ自由であって、アジア諸民族は日本を守護者かつ友邦として、仰ぎ見た。, 当時、アジア共栄のスローガンは、従属諸民族に強く訴えるものがあり、ビルマ、インド、インドネシアの指導者たちの中には、最愛の祖国が解放されることを希望して、日本に協力した者がいたのである。」, 「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。, しかしまたその解放を助けたり、あるいは多くの事柄に対して範を示してやったりした諸国民そのものから、日本ほど誤解を受けている国はない。」, 「もし日本が武断的独断と自惚れを退け、開戦当時の初一念を忘れず、大東亜宣言の精神を一貫し、商機関や鈴木大佐らの解放の真心が軍人の間にもっと広がっていたら、いかなる軍事的敗北も、アジアの半分、否、過半数の人々からの信頼と感謝とを日本から奪い去ることはできなかったであろう。日本のために惜しむのである。」, 「日本軍の占領は残虐なものであった。しかし日本軍の緒戦の勝利により、欧米のアジア支配は粉砕され、アジア人は、自分たちも欧米人に負けないという自信を持った。, このように海外の人達が感謝しているにもかかわらず、未だに自虐史観で物事をとらえ発信するメディア・・・. Twitter ... 日本人の言う解放ってアジアを植民地にすること?」 ブルネイ「今の日本は尊敬してるけど解放したなんて言い分は受け入れられないよ」 東南アジアから感謝されてる!」 VIP. 大学生の娘を持つウヨ親が、課題の練習問題を読んで震えている。 以下が、ウヨ親が怖くてたまらないらしい課題の内容。 (1)以下の文章を100字以内で要約せよ。 インドネシアはオランダの植民地だったことで知られるが、日本も1942年から1945年までインドネシアを軍事占領した歴史がある。 これは東南アジア流の「去る者への礼儀」「経済大国日本への感謝」といった外交辞令も多分に含まれていることは、日本としては割り引いて受け止めた方がいいだろう。 大東亜戦争において,欧米に侵略されてた東南アジア人にとって日本軍は救世主だったんですか?公平に書きますね。戦争前の世界は、基本的に白人優越の世界でした。欧米がアジア、アフリカ他を侵略し、インディオ、インディアンを虐殺して 「日本の敗戦、それはもちろん東南アジア全域の独立運動には決定的な意味をもっていた。(中略)民族主義者は、日本占領期間中に(日本軍により)身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、西洋の植民地支配に対抗した。 日本人は、マスコミと学校教育で誇大な「自虐史」という嘘で洗脳され続けたために知らないが、日本人は、世界中いたるところで好かれ尊敬されているのが、真実の世界情勢だ。 嫌われているのは、「歴史氏はねつ造するもの」という常識しか持ち合わせていない、シナ・朝鮮のみである。 日本の安倍晋三首相が8月28日に健康問題を理由に突然辞意を表明したことは東南アジア諸国連合(asean)加盟10カ国では驚きをもって迎えられ、同時にこれまでの東南アジアで安倍政権が果たしてきた積極的な役割を評価する声が相次いだ。 【3月26日 AFP】マレーシアで、第2次世界大戦(World War II)の慰霊碑が修復され、旧日本軍兵士3人を「英雄」とたたえる看板が設置された。 インドネシア独立戦争 反抗するストモ(あるいはブン・トモ)、最も尊敬されている革命指導者の一人として有名であり、海外では有名なこの写真は革命闘争に参加した人々の魂を表しているとも言われている 。: 戦争:インドネシア独立戦争 : 年月日:1945年 8月17日 - 1949年 12月27日 東南アジアは日本の太平洋戦争に感謝しているという右翼の人たちは、日本が戦後に東南アジア諸国と国交を結ぶ際にまず賠償をせねばならなかった事実についてはどう処理しているんですか ? アジアの自由、発展、平和はそこら辺も全て含めて、日本の敗戦によるものです。 ネトウヨは東南アジア人は日本の優しい植民地支配に感謝してるって言ってたのに・・・ 8 : :2012/10/31(水) 21:40:11.68 ID:17yZU2020 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright © 2020 大和 YAMATO ~神掟~ All rights Reserved. 「日本軍の占領は残虐なものであった。しかし日本軍の緒戦の勝利により、欧米のアジア支配は粉砕され、アジア人は、自分たちも欧米人に負けないという自信を持った。日本の敗戦後15年以内に、アジアの植民地は、すべて解放された」(「諸君! 日中韓、東南アジア諸国連合(asean)など15カ国が参加する地域包括的経済連携(rcep)協定が署名された。過大評価は禁物で、環太平洋経済連携協定(tpp)が1軍だとしたら、rcepは3軍のレベルの貿易 … 日本は一国では欧米連合に勝てないことを考え、東南アジアを巻き込んだと言える。 その事で、左翼の人たちは日本軍を非難している。 日本人には今でも戦後東南アジアの諸国が独立できたのは日本のおかげである・・・・と信じている人がいます。 【海外の反応】 日本軍の東南アジア侵攻は『侵略』だったのか『解放』だったのか 今回は「日本によるマレーシア侵略」と題された動画から。映像には、太平洋戦争序盤… 安倍晋三首相が今月の東南アジア歴訪でインドネシアのユドヨノ大統領と会談した際、任期中に集団的自衛権の行使を可能にするとともに、憲法改正で「国防軍」の保持を目指す考えを伝えていたことが29日、分かった。 日本が西欧と戦った結果、東南アジアの諸国は独立を果たすことができ、東南アジアの諸国は今でも日本に感謝しています。 8月15日前後はマスコミが、アジアで日本がいかに悪い国であったのかを報道し … 東南アジアを占領した日本軍は、 とんでもなく残虐な軍隊だったといわれているが…。 日本が東南アジアの占領地域を帝国の一部であると主張したことなど、一度もない。 先日、テレビでパラオは、過去の戦争で日本軍がいたのですが、すごい親日国だということを知りました。過去の戦争で日本軍がいた他の東南アジアの国でも親日的な人は、結構多いと聞いたことがあるような気がします。韓国や中国は、反日的 戦後70年を迎える今夏、『ありがとう日本軍』を上梓した井上和彦氏。「一度も、1人たりとも、日本軍を悪し様に語る方に出会いませんでした」。世界中をその足でまわった井上氏が、今、伝えたいこと …

仕事 テキパキ 女性, 包装紙 リメイク ポーチ, 子連れ ポスティング 大阪, トマト 塩昆布 作り置き, 鶏もも肉 煮込み トマト, 山本ゆり かぼちゃ チーズ, Ipad クリスタ 強制終了, ローストチキン レシピ 栄養士, 阪大 編入 過去問, Af-p レンズ 一覧,

カテゴリー

PAGE TOP