Official髭男dism 宿命 歌詞 コピー, 杏 読み方 な, ファミマ パン カロリー ランキング, ファミマ ライザップ いつまで, Dazn アプリ 見れない, キラ メイジャー 完全なりきりセット 電池, 日ハム 清水 イップス, 少年野球 ピッチャー 球速, 富田 千葉駅 コロナ, 爆笑問題 田中 病気, 宮部みゆき 時代小説 三島屋, ...">

ブログ

2011 野球 優勝

2011年甲子園春の選抜高校野球の優勝校の予想を教えて下さい。 やはり、昨年の明治神宮大会を制した日大三高が中心に回るでしょう。昨年の春の選抜大会でも、準優勝を飾り、そのメンバーが多く残って … 2011年のワールドシリーズ. Only to be replaced with a greatest Series ever conversation. 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 Sullivan and Louie Horvath / MLB.com, ", Matthew Leach and Jenifer Langosch / MLB.com, ", Jenifer Langosch and John Schlegel / MLB.com, ", Bernie Miklasz, Post-Dispatch Sports Columnist, ", Jeff Passan / Yahoo! 日程. First impressions: Initial score has benefits, Prospectus Hit and Run: Mr. Holland’s Opus, Jackson walks seven in likely final start for Cards, Back at Catcher, Napoli Puts Rangers on His Back, 2011 World Series Game 4: Derek Holland and Rangers shut down Cardinals, Mr. Holland's opus enables Texas to get even once more, Cardinals' bats suffer historic decline / Sixteen-run dropoff from Saturday's win matches Series mark, Wilson's focus on Game 5, not free agency / Rangers ace looks to give his team 3-2 edge in World Series, Carpenter can reshape Series in Cards' favor / Redbirds turn to ace in Texas finale, then head home to finish, World Series Prospectus: Mixed-Up Confusion, Rangers OF David Murphy atones for error with catch, hit, Dramatic Game 5 win gives Rangers two shots to clinch World Series, Rangers' Wilson good enough in possibly last start, Carp burned by two pitches in strong effort / Cards ace allows pair of solo homers to let Rangers back in it, Pujols made call that got Craig thrown out, Hall passes: Intentional walks pay off / Washington not afraid to keep bat out of Pujols' lethal hands, One Day After Disaster, Manager Explains Himself, Tony La Russa: World Series bullpen blunder 'embarrassing', Weather forecast postpones Game 6 of Series / Rangers-Cards to resume play Thursday night at Busch Stadium, Game 6 of World Series postponed by rainy forecast, Cardinals Rally Twice, Win in 11th to Force World Series Game 7, Freese leads Cardinals to epic Game 6 win, Sloppy defense gives way to thrilling finish / Clubs combine for five errors in first six innings of Game 6, Cards replace Holliday on World Series roster / Chambers added after left fielder sprains right wrist in Game 6, Postseason highlight and heartache: 2011 Texas Rangers, Cruz's unforgiveable defensive gaffe proves costly to Rangers, Motte says he got goosebumps during game 7, Feliz will get ball in ninth inning, Wash says, Wild Game 6 proves it isn't the end, but just the beginning, Jake Westbrook trades MLB atmosphere for role as Athens Christian pitching coach, "What they're saying" about the World Series heading into Game Seven, How the Buck Family Became a Part of World Series Game 6 Folklore, World Series Game 7 preview: Perfect ending for Cards, Rangers, 'Unbelievable' Game 6 ranks among best / Players on both sides struggle to find precedent for classic, Eleventh heaven: Cardinals are Series champs / Magical run ends with St. Louis adding to NL-best title total, Performer of the Game: Cardinals' Carpenter / Starting on three days' rest, righty limits Rangers to two run, 'Our guy' Carpenter gets series-clinching victory, World Series Prospectus: A Card Fought Win, Freese caps stellar playoffs with Series MVP / Cards slugger also wins NLCS MVP, sets postseason RBI mark, Game 7 Heaven: The St. Louis Cardinals Are the Comeback World Series Champions, Craig makes his mark on Cardinals' title run / Outfielder hits third tater of Series, makes nifty catch in Game 7, Fraley: On short rest, Chris Carpenter delivers like ace he is, Rangers bit by record number of walks issued / Texas hands out 41 free passes; four score in final two games, Baseball - Comeback Cards beat Rangers to win World Series, Cardinals soared to improbable heights in 2011 / Team overcame early injuries, large late deficit to win it all, Cards to be honored by fans in Sunday parade / Busch Stadium set to host celebration with fireworks display, Rams Honor St. Louis Cardinals 2011 Season With $23.00 Tickets, Rams upset Saints as Steven Jackson runs for 159, 2 TDs, World Series champion Cards take victory lap, Hundreds of thousands attend Cardinals victory parade, rally, La Russa announces his retirement as skipper / Steps down after three titles in 33 seasons, 16 with Cardinals, Lacking Experience as a Manager, but Not Confidence in Doing the Job, Cardinals excited about playing for Matheny, Complete listing of Major League free agents, Pujols officially playing the field for first time / St. Louis superstar tops the list of 166 free agents, From zero to $254 million, how the Pujols deal got done, Angels owner felt compelled to pursue Pujols, Angels, Marlins might regret reckless spending, Furcal re-ups with Cardinals for two years, Cardinals next task to reload and defend title / Pujols free agency tops list of offseason priorities for champs, Matheny settling in nicely to skipper's role, Free agent Wilson to visit Marlins on Monday / Lefty latest high-profile player to meet with team, tour new park, Nathan agrees to two-year deal with Texas / Addition of experienced closer bumps Feliz to rotation, Daniels says Japan trip not just about Darvish, Rangers Win Bid to Negotiate With Darvish for $51.7 Million, Yu haul: Rangers land Darvish in $60M deal, Hurling Darvish sets off Rangers' dominoes / Signing of Japanese star allows team to answer other questions, His MRI clear, Beltre may return on Tuesday, Ross claims spot as lefty in Rangers' bullpen, Cardinals Win World Series, But MLB Shop Recommends 2011 Texas Rangers Championship Gear, Dominic Genetti: MLB donates Rangers' 2011 World Series Champions T-shirts, Official 2011 World Series Film documenting Cardinals win over Rangers available Tuesday, November 22, Cards premiere World Series DVD in St. Louis / Fall Classic MVP Freese one of many at red-carpet event, Now on DVD and Blu-ray: 'Baseball's Greatest Games: 2011 World Series Game 6', 'Thrilled' Eckstein returns to throw out first pitch, Bob Forsch, author of two no-hitters, dies at 61 / Third-winningest Cardinal, Reds coach, tossed Game 7 first pitch, Dirk rooting for another Texas championship / Mavericks forward tosses out ceremonial first pitch before Game 3, Bush 43, Deschanel appear prior to Game 4, Pride in hometown Rangers? コーチ Chris Daughtry's National Anthem Caps Off World Series: Was It a Grand-Slam Performance? 球団別ニュース、プロ野球速報などを掲載しています。 歴代優勝チーム - 2020年日本シリーズ - プロ野球 - 野球 - SANSPO.COM ホーム 2011年の日本シリーズ(2011ねんのにっぽんシリーズ、2011ねんのにほんシリーズ)は、2011年11月12日から11月20日まで開催された福岡ソフトバンクホークスと中日ドラゴンズによる第62回プロ野球日本選手権シリーズである。, 今大会は、ゲームソフト大手のコナミ株式会社が大会特別協賛スポンサーとなり、大会名を「KONAMI日本シリーズ2011」として開催された[1]。, パ・リーグのクライマックスシリーズ優勝球団福岡ソフトバンクホークス(パ・リーグ優勝)とセ・リーグのクライマックスシリーズ優勝球団中日ドラゴンズ(セ・リーグ優勝)の対戦となり、福岡ソフトバンクホークスが4勝3敗で中日ドラゴンズを下し、2003年以来8年ぶり5回目(現球団名としては初)の日本一となった。, ドラゴンズとホークスの日本シリーズ対戦はホークスの親会社がダイエーだった1999年以来2度目。名古屋と福岡のチームの日本シリーズ対戦は中日と西鉄の対戦だった1954年を含めると3度目。, 今シリーズ優勝監督となった秋山幸二は選手時代にシリーズMVPを2度獲得、シリーズMVPと優勝監督を両方記録したのは川上哲治、森祇晶、長嶋茂雄に続いて秋山で4人目となった(その後工藤公康も記録)。, 福岡ソフトバンクホークスには、11月25日から台湾で開催される「アジアシリーズ2011」の日本代表としての出場権が与えられた。, 今シリーズの入場料収入は史上最高となる15億6701万3100円。選手・監督らへの分配金は、勝利球団の福岡ソフトバンクホークスがこれも史上最高の1億2462万5839円、中日ドラゴンズが8308万3892円。球団への分配金は、両球団とも3億5411万1829円であった[2]。, 東日本大震災の影響でシーズン開幕自体が遅れたこともあり日本シリーズ史上2番目に遅い開幕となった(その後、2020年の日本シリーズが11月21日開幕で開催されたため、2020年時点では史上3番目に遅い開幕となっている)。, 東日本大震災の影響によりレギュラーシーズンの開幕が遅れたため、当初の予定より開催日時が変更された[3]。, ソフトバンクが4回裏、機動力を絡めた攻撃で一死一・二塁から長谷川の適時打で先制する。中日は6回まで無安打であったが、7回表一死からチーム初安打となる和田のソロ本塁打で追いつき、9回を終わって1‐1の同点でシリーズ初戦から延長戦突入となった。10回表、ソフトバンクは守護神・馬原を投入するも二死から小池のソロ本塁打で中日が勝ち越しに成功。その裏を9回から登板した浅尾、さらに二死から登板の岩瀬が締めて接戦を制した[5]。, 中日はチェンが先に点を失ったものの、8回を被安打4・奪三振11の好投。ソフトバンク先発の和田も8回を被安打2・失点1の好投を見せたが、3番手で登板した守護神・馬原が決勝点となる被弾を喫したことが誤算だった。前年度第6戦から引き続いて、3試合連続での延長戦となった。ソフトバンクの1試合15三振は延長試合におけるシリーズ1試合における最多三振となる[6][7]。, 7回表、中日が二死一・二塁から、平田が先発杉内から今シリーズ自身初安打となる適時二塁打で均衡を破った[8]。ソフトバンクはその裏一死満塁から川崎の適時打で追い付きなおも満塁の好機であったが、本多・内川が凡退し勝ち越しは出来ず。試合はそのまま1-1で9回を終了、2試合連続の延長戦に突入した。ソフトバンクは10回表、前日に引き続き守護神・馬原を投入するも、中日は二死からアライバコンビに打順が回り荒木の安打と井端の四球で一・二塁とすると、森野の適時打で勝ち越しに成功。その裏を岩瀬が締めて、敵地での連勝を決めた[9]。, 中日の先発吉見は6回1/3を投げて7安打を許しながらも、1失点にまとめると、その後は盤石の救援投手陣が踏ん張りを見せた。ソフトバンクは中日を上回る8安打をマークしたが決定打は出ず、守護神・馬原が2試合連続で二死無走者から決勝点を許す救援失敗が響いた。, 日本シリーズでの2試合連続延長戦は2010年第6・7戦以来2年連続で史上5度目。第1・2戦が延長戦となるのは史上初[9]。また2年越しでシリーズ4試合連続の延長戦である。またソフトバンクの馬原が記録した同一年度におけるシリーズ2試合連続敗戦投手は、1995年第2・3戦の平井(当時・オリックス)以来16年ぶり史上8人目[10]。, 舞台をナゴヤドームに移しての第3戦はソフトバンクが12安打で快勝。ソフトバンクは初回、四球と森野の失策で二死一・二塁の好機を作ると松田の適時打で先制。4回表には多村の2点本塁打でリードを広げて試合の主導権を握り、8回表には細川のソロ本塁打でダメを押した。中日は6回裏一死二・三塁から井端の内野ゴロの間に1点、8回裏無死三塁から荒木の犠飛で1点の計2点を返すのみにとどまった[11]。, シリーズ初登板・初先発のソフトバンクの攝津は7回を投げて被安打4・失点1の好投。中日はクライマックスシリーズで登板機会がなく、レギュラーシーズンから約1ヵ月ぶりの登板となった先発・ネルソンが誤算。制球に苦しみ立ち上がり早々から失点し、7三振を奪うもののイニングが進んでも立ち直りの気配が見えなかった。ソフトバンクの多村・細川の本塁打は、いずれも自身のシリーズ初本塁打、攝津は自身シリーズ初勝利、森福は自身シリーズ初登板初ホールド、ファルケンボーグは3戦連投となり、自身シリーズ初セーブを獲得[12]。, ソフトバンクの先発ホールトンは制球に苦しんだものの5回0/3回で勝利投手[13]、6回裏無死満塁の場面で登板した2番手の森福とレギュラーシーズンにはなかった4連投かつ2イニング登板となる3番手のファルケンボーグが共に完璧な内容の投球を見せた。森福が無死満塁を無失点で切り抜けた快挙は、1979年の「江夏の21球」を髣髴とさせるようなピッチングであったことから翌日、「森福の11球」という言葉がマスコミ記事を飾った[14]。中日は先発の川井が小久保のタイムリーで先制されると、続く松田の打球はセカンドゴロのゲッツーコース。ダブルプレーでスリーアウトチェンジと思われたがショートの荒木が悪送球を犯し守りのミスで2失点目を喫する。5回に平田のショート内野安打で出塁し、谷繁が犠打。佐伯がフォアボールを選ぶと荒木のタイムリーで1点を返す。なおも1塁2塁。一打同点のチャンスで井端が痛恨の見逃し三振、そして三盗を試みた小山も盗塁失敗で三振ゲッツーでチャンスを潰す。続く6回、森野、ブランコ、和田がヒットとフォアボールで出塁し、先発のホールトンを降板させるが、2番手の森福の前に小池は三振、平田はレフトへの浅いフライ、ポストシーズン絶不調の谷繫が悉く凡退しノーアウト満塁で無得点。その後3イニング連続で三者凡退し2勝2敗の五分になった。, ソフトバンクが2試合ぶりの2桁安打、守っては完封リレーで、本拠地連敗から敵地3連勝で日本一に王手をかけた。ソフトバンクは初回一死一・三塁から小久保の適時打で先制し、終盤の7回表には先発チェンを打ち崩し一死一・二塁から細川の適時打、8回表には無死満塁の好機を作ってチェンを引きずり下ろすと、代わった河原から松田の押し出し死球と多村の2点適時打でダメ押しした[15]。, ソフトバンクの先発山田は6回を被安打3・無失点の好投。4連投のファルケンボーグがベンチから外れた救援陣も第3戦先発から中1日の攝津、第3戦から3連投の森福、第1・2戦で救援を失敗した馬原が無失点でまとめた。中日は本拠地3連敗(ナゴヤドームで、ホークスには1999年以来6連敗)。この試合もいいところなく散発の5安打に抑え込まれて今シリーズ初の完封負けを喫し、投手陣を見殺しにした形となった。これで中日は、後のない状況で再び敵地・福岡に向かうことになった。, ソフトバンクの山田はシリーズ初登板初勝利で、パ・リーグ初の育成選手出身による日本シリーズ勝利投手となった[16][17]。, 中日が初回、ソフトバンクの先発・和田の立ち上がりを攻めて二死一・二塁の好機を作ると、和田の2点適時三塁打で先制。この2点を最後まで守りきり、接戦を制した。中日先発の吉見は7回2/3を投げて被安打5・失点1。持ち前の制球力を存分に生かし、失点した4回を除けば完璧に近い内容の投球を見せて、ソフトバンク打線に付け入る隙を与えなかった。ソフトバンクは4回表無死三塁から内川の適時打で1点を返したが、8回裏無死一塁で長谷川がバント失敗の小飛球で併殺に倒れ、同点の機会を逸した[18]。中日は、この勝利で対戦成績を3勝3敗のタイに戻したと同時に球団史上初の逆王手をかけ、優勝の行方は最終第7戦にもつれ込むこととなった[19]。, 先発の和田は初回こそ不安定な投球内容で失点したが、回を追う毎に立ち直りを見せ、2番手以降の金澤・森福・馬原も追加点を与えなかった。しかしながら打線は、打撃好調で勝利試合では攻撃の起点となっていた1番・川崎が4打数無安打に抑え込まれて機動力野球を阻まれ、6試合目で初めて先発メンバーに名を連ねた松中も3打数無安打に終わり、スタメン起用に応えることができなかった。中日・吉見は日本シリーズ通算4試合目で自身初勝利、浅尾は日本シリーズ初セーブ[20]。, 同一年度におけるビジターチームの6連勝はシリーズ新記録[21]。また、中日は6試合連続2得点以下で1953年第3-7戦の南海ホークス(当時)による5試合連続を抜いてシリーズ新記録となった。また中日の2得点以下で3勝は1992年の西武ライオンズ(当時)に次いで19年ぶり史上2度目、1点差で3勝以上は2003年の阪神タイガース以来8年ぶり史上7度目だが、全て敵地での勝利によるものはシリーズ史上初となる[22]。, ソフトバンクは現時点で日本シリーズにおける本拠地での最後の敗戦となる一方、中日は現時点で日本シリーズでの最後の白星となっている。, ソフトバンクが3回裏、無死満塁の好機を作って中日の先発・山井をマウンドから引きずり下ろすと、代わった2番手の小林正から川崎が押し出し四球を選んで先制。さらに4回裏二死一・二塁から山崎の適時打でリードを広げ、7回裏には二死二塁から内川がこの回から登板した4番手の浅尾から適時打を放ち、ダメを押した。ソフトバンクの先発杉内は7回を投げて被安打3・無失点。終始安定した内容の投球で中日打線を寄せ付けず、8回に登板したファルケンボーグも三者連続三振の快投。しかし9回の表、先頭の井端の打球がファルケンボーグの右腕を直撃しファルケンボーグが降板。ここで緊急登板の森福が森野、ブランコを打ち取り二死とすると、最後は先発に転向し14勝を挙げた摂津が和田を空振り三振に仕留め、完封リレーで日本一を決めた[23]。, 中日はビハインドの場面で浅尾・岩瀬を登板させ、最後まで諦めない姿勢を見せたが、打線は最終戦も散発の4安打に終わり、7試合全て2得点以下の得点力不足に泣いた。また、レギュラーシーズンでは驚異的な勝率を誇っていた本拠地・ナゴヤドームで全く勝てなかったことは大きく響いた。, ソフトバンクはリーグ優勝・交流戦優勝・クライマックスシリーズ優勝・11球団から全て勝ち越し、そして日本シリーズ優勝によって「完全制覇」を達成した。, 中日のシリーズ通算の打率(1割5分5厘)・安打(34)・得点(9)、チーム本塁打(2)は、いずれも7試合でのシリーズ最低記録(本塁打はタイ記録止まりだった)[24]。また皮肉にも投手陣の頑張りを見殺しにした女房役の谷繁はこの日も無安打に終わり、これで23打数連続無安打、1989年に大石大二朗(近鉄)が記録した21打数連続無安打の記録を更新、クライマックスシリーズのファイナルステージから通算43打席無安打に終わった[25]。, 全試合で地上波放送による全国中継が行われた。2010年の日本シリーズに地上波全国中継が実施されない試合が3試合あったことを受けて、今年度は進出球団が放送局を推薦したうえで、テレビ中継協賛スポンサーの広告代理店にその放送局への中継交渉を行う方式をとったため[26]、特にフジテレビ系列でホークスの日本シリーズは2000年の日本シリーズ以来、11年ぶり。なお岩手県・宮城県・福島県を除き、テレビの完全デジタル化後初の大会となった。, ※視聴率は(ビデオリサーチ調べ)、第1戦は9.2%(関東)、18.5%(名古屋)、25.8%(北部九州)。 第2戦(19時以降)は9.1%(関東)、21.6%(名古屋)、32.1%(北部九州)。第3戦(19時以降)は12.7%(関東)、27.1%(名古屋)、35.9%(北部九州)。第4戦は12.2%(関東)、25.4%(名古屋)、33.7%(北部九州)。第5戦(19時以降)は10.6%(関東)、15.9%(名古屋)、34%(北部九州)。第6戦は14.1%(関東)、23.4%(名古屋)、37.2%(北部九州)。第7戦は18.9%(関東)、27.4%(名古屋)、44.4%(北部九州)だった。, RCCラジオ(JRN/NRNクロスネット)とSTVラジオ(NRNシングルネット)は、デーゲーム開催となる第1戦を放送しなかった(自社制作の通常番組を優先して放送)。また、STVラジオは「権利の関係」を理由に全試合でradikoでの配信を行わなかった。, 日本シリーズ、今年は全試合を地上波で全国中継 産経新聞(2011年11月9日、2011年11月14日閲覧), このタグはノートに議論が無いまま貼り付けられています。必要な議論をノートで行ってください。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2011年の日本シリーズ&oldid=80759673, ソ : ○攝津(7回)- 金澤(0回2/3)- H森福(0回1/3)- Sファルケンボーグ(1回), 中 : ●ネルソン(5回2/3)- 小林正(0回1/3)- 河原(1回)- 鈴木(2回), ソ : ○ホールトン(5回0/3)- H森福(2回)- Sファルケンボーグ(2回), 中 : ●川井(5回)- 山井(2回)- 三瀬(0回2/3)- 浅尾(1回1/3), 中 : ●チェン(7回0/3)- 河原(0回2/3)- 小林正(0回1/3)- 久本(1回), 中 : ●山井(2回0/3)- 小林正(0回1/3)- ネルソン(3回2/3)- 浅尾(1回)- 岩瀬(1回), ソ : ○杉内(7回)- Hファルケンボーグ(1回0/3)- H森福(0回2/3)- S攝津(0回1/3). 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 21 アレン・クレイグ ... “離島甲子園”決勝は雨天ノーゲームで両チーム優勝 [ 2011年8月21日 12:20 ] 野球. 56 アドロン・チェンバース 18 デーブ・ダンカン(投手) Rating Up 19%; Game 7 Marks Best MLB Audience Since '04, Fox Slots 'Glee' Encores in Place of Postponed World Series Game, Game 7 bumps 'Fringe,' threatens 'Chuck,' 'Grimm', CBS Pulls 'CSI: NY,' 'Blue Bloods' Due to World Series, WINNERS OF THE 33RD ANNUAL SPORTS EMMY® AWARDS, An embarrassment of baseball riches for Canadian viewers, La Russa, Freese Make Late-Night Talk Show Rounds Following World Series Win, Beyond the box score: 2011 deserves a spot among the greatest World Series, Fall Classics of 1975, '91 both trump 2011, For Texas, the Moment Slipped Away, Twice, St. Louis Cardinals’ World Series title is best long-shot comeback in baseball history, Resurgent Cardinals knock off Rangers for title, World Series: Ranking the 10 best Fall Classics of all time, Hail to the champs! Could Derek Holland’s World Series Game 4 be spark the Rangers’ underrated pitchers need? 2010年 11月4日:日本高等学校野球連盟が運営委員会を開き、第93回大会の開催予定を決める 。; 2011年 6月18日:沖縄大会が開幕し地方大会が開始。; 2011年7月17日:糸満(沖縄)が49代表中、最初に出場が決定。; 2011年7月31日:代表校による甲子園練習開始(8月4日まで)。 10 トニー・ラルーサ 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 "(「また明日の夜お会いしましょう!」)と口にした。元々このせりふは1991年のシリーズにおいて、この日のカージナルスと同じように2勝3敗と追い詰められていたミネソタ・ツインズが、第6戦をカービー・パケットのサヨナラ本塁打で制したときに、バックの父で同じく実況アナウンサーだったジャックが発していたものだった[203]。当のフリースがベースを一周しながら思い起こしていたのは、2004年のナショナルリーグ優勝決定戦・第6戦でカージナルスのジム・エドモンズが放ったサヨナラ本塁打だったという[200]。フリースは地元セントルイスの郊外で育ち、2006年のドラフトでサンディエゴ・パドレスから指名されてプロ入り後、2007年12月にエドモンズとのトレードでカージナルスに入団していた。その彼がこの日、9回の同点三塁打でチームを敗退の窮地から救い、11回のサヨナラ本塁打でチームに勝利をもたらした。プホルスは「デビッド(フリース)よりもこの試合の主役にふさわしいやつはいない。故郷での試合だし高校の同級生や家族もたぶん球場に来てたんだろう、その目の前であんなことをやってのけるなんてすごいね」と褒め称えた[195]。フリースは「うちはうちらしく諦めずに最後まで戦い続けた。こんな試合のなかにいられたなんて信じられない」と試合の感想を述べた[184]。, ワールドシリーズにおいて、2勝3敗と後のないチームが第6戦に勝利してシリーズを最終戦へもつれ込ませたのは、今回が36度目である[204]。そのなかでも史上3度目となる第6戦の勝ち方を、この日のカージナルスはふたつ達成している。まずは延長戦でのサヨナラ本塁打による勝利で、これは1975年のシリーズでカールトン・フィスクが打ったボストン・レッドソックスと、前述した1991年のツインズに次ぐ[197]。もうひとつは、8回以降に一度はリードを許しながらも追いついて延長戦の末に逆転勝ちというもので、こちらは過去に1975年のレッドソックスと1986年シリーズのニューヨーク・メッツが成し遂げていた[205]。それに加えて、相手に5度もリードを許しながら全て追いつくか逆転したというのと、8回から延長11回までの4イニング連続で得点を挙げたというのは、第6戦に限らずシリーズ史上初のことであった[206]。ただ、カージナルスはあくまでもまだ3勝したにすぎず、相手のレンジャーズもあと1勝すれば優勝、という状況は依然として変わらない。過去の例をみても、1986年のメッツや1991年のツインズが劇的勝利の勢いそのままに優勝をつかんだ一方で、1975年のレッドソックスは翌日の第7戦に敗れて優勝を逃している[197]。ましてやレンジャーズは、8月23日から25日にかけての3連敗を最後にここまで2か月間、46試合で連敗を一度も喫していないのである[204]。バークマンは、この日のサヨナラ勝利が「伝説」になるか「シーズンの単なるいい思い出」になるかは第7戦の結果次第で決まる、とした[207]。, 延長11回のサヨナラゲームから一夜明けた28日、ワールドシリーズは9年ぶりに、この試合に勝ったほうが優勝という第7戦の日を迎えた。試合前にカージナルスはロースターの入れ替えを行い、前日の試合で負傷交代したマット・ホリデイに代えてアドロン・チェンバースを登録した。ホリデイは右手首の炎症がひどく夜も眠れなかったといい、第7戦をダグアウトから見守ることについて「楽しみにしてたのにもどかしい。チームスポーツだからしょうがないけど」と述べた[209]。もうひとつカージナルスが決断を迫られたのが、先発投手である。この日の先発投手は、カージナルスはクリス・カーペンター、レンジャーズはマット・ハリソン。結局、カージナルスは26日の雨天順延を利用してエースを中3日で投入し、レンジャーズは先発ローテーションを崩さず順番通りに貫いた。この先発投手の指名には、状況に応じて細かな選手起用を行うトニー・ラルーサに対し、失敗を恐れず信頼した選手に任せるロン・ワシントンという、両監督の采配の違いが端的に現れていた[210]。カーペンター先発を最終的にラルーサが決めたのは当日午前、投手コーチのデーブ・ダンカンと話し合い、カーペンターが身体的に登板可能な状態にあると確認してからだった[209]。, カーペンターはラルーサとダンカンのお墨付きを得て登板したが、実際に試合で投げてみると体の感覚が普段と異なり、制球が思うようにいかない[211]。まず先頭打者イアン・キンズラーに、高めへのシンカーを左前打される。この走者は次打者エルビス・アンドラスの打席の初球、捕手のヤディアー・モリーナが投球後の牽制でアウトにし、カーペンターは「あれは大きかった。あれがあるからヤディはすごい」と称賛した[212]。それでもカーペンターの乱調は続き、アンドラスに四球を与えて再び走者を背負うと、3番ジョシュ・ハミルトンと4番マイケル・ヤングに連続適時二塁打を浴び、試合開始から12球で2点を先制された。カーペンターは後続を断ってこのイニングを終わらせたが、1番キンズラーから4打者連続で初球ストライクがとれず、イニング18球中ストライクは10球と、制球難は数字にも表れている[213]。しかしその裏、カージナルス打線もすぐさま反撃に出る。ハリソンが二死から3番アルバート・プホルスと4番ランス・バークマンを続けて歩かせ、一・二塁と走者が得点圏に進んだ。ここで5番デビッド・フリースが、フルカウントからの7球目に来た内角へのツーシームを左中間へ運び、同点の2点二塁打にした。フリースは前日の9回裏から3打席連続で同点か勝ち越しの安打を放っており、これは同僚アレン・クレイグに次いで今シリーズ2人目、シリーズ史上でも2人目の記録となる[130]。フリースは睡眠時間が1時間足らずという状態でこの試合に臨んでいたが、この1年間ずっと取り組んできたという内角球を左中間に打ち返す打撃をこの場面で実践してみせ、打撃コーチのマーク・マグワイアに「練習の成果が出たな」と言わしめた[214]。ハリソンは先制点をもらった直後に失点し「あれが彼らに自信を取り戻させちゃったんだと思う」と反省した[215]。, 2回表もカーペンターは、先頭打者マイク・ナポリの左前打をきっかけに二死一・三塁の危機を招くが、最後は2番アンドラスを投ゴロに仕留めて無失点で乗り切った。2イニングとも得点圏に走者を背負っての投球を強いられ、計37球中ストライクは半分以下の17球と、数字上は制球がさらに悪化している[213]。カーペンターは「これじゃどこまで投げさせてもらえるかわからない。だからとにかく目の前の打者をひとりずつアウトにしていこう」と気持ちを切り替えた[216]。また、投球の組み立ても変えた。最初の2イニング37球はほぼシンカーとカッターで占められ、カーブは1球しか投げていなかった[213]。このカーブを増やすようにしたところ、投球が立ち直りをみせた[211]。3回表のレンジャーズの攻撃は、3番ハミルトンから始まり打線の中軸にまわる。しかしカーペンターは、二死から5番エイドリアン・ベルトレに死球をぶつけただけで、あとは抑えた。その裏、カージナルス打線が1点を勝ち越す。2番クレイグが1ボール2ストライクから粘ってフルカウントに持ち込み、7球目のフォーシームが高く浮いたのを逃さずに捉えると、右中間の自軍ブルペンに飛び込むソロ本塁打になった。クレイグは「シリーズ中は緩急をつけた内角攻めが続いたけど、プレート上の球を打つよう心がけていた。あのホームランは、運良くちょっと外目のところに浮いた球が来たからね」と振り返った[217]。クレイグは第6戦の途中から、そしてこの日とホリデイの代役として出場し、いずれも本塁打を放っている。また彼はこれで、ルー・ゲーリッグ(1928年)とジーン・テナス(1972年)に次いで史上3人目の、1シリーズ中に4試合で先制または勝ち越しの一打を記録した打者となった[218]。, カーペンターは4回表、先頭の7番ナポリをカーブ3球だけで三振に抑えるなど、三者凡退に。5回表は一死二塁から3番ハミルトンと4番ヤングを打ち取って、1点のリードを守る。試合が進むにつれ、球速も上昇していった[216]。カーペンターの投球について、ベルトレは「相手打者のバランスをどう崩せばいいかをわかっている」、ハミルトンは「力で圧倒する感じではないが、球種の織り交ぜ方が巧かった」と述べている[219]。一方のハリソンは、4回裏にも二死二・三塁と攻め込まれた。投手のカーペンターの打順でカージナルスが代打を出さなかったこともあり[213]、結果的に無失点で凌いだものの、ハリソンは結局この回限りで降板した。ところが5回裏、代わって登板したスコット・フェルドマンが2四死球で走者を溜め、二死二・三塁と一塁が空いたので5番フリースを敬遠して満塁策を採ったところ、次打者Y・モリーナにも押し出しの四球を与える。さらにC.J.ウィルソンがマウンドを引き継ぐも、初球から7番ラファエル・ファーカルに死球を当てて再び押し出し。こうしてカージナルスに無安打で2点が加わり、5-2と点差が広がった。レンジャーズには、大舞台で頼りになるカーペンターのようなエースがいないということが、この場面で顕わになった[219]。レンジャーズは3点を追う6回表、一死無走者から6番ネルソン・クルーズが本塁打性の当たりを放った。打球は左中間フェンスを越えそうだったが、左翼手クレイグがフェンス際でジャンプしながら打球をもぎ捕ったため、3点目とはならなかった。このプレイについてクレイグは、高校時代のバスケットボール経験が生きたかと問われ「そう訊かれると思ったよ。けどあの頃より30lb(約13.6kg)は重くなってるしなぁ、とにかく捕れてよかった」と答えた[217]。, レンジャーズはなおも食い下がり、7回表は先頭の8番デビッド・マーフィーがエンタイトル二塁打で出塁する。カージナルスはここで継投に入ることを決めた。カーペンターが救援投手陣に後を託してダグアウトに下がる際、満員の観衆がスタンディングオベーションで彼の力投を称えた[220]。無死二塁の場面は、アーサー・ローズが代打の代打ヨービット・トレアルバを、オクタビオ・ドーテルが1番キンズラーと2番アンドラスを、それぞれアウトにして切り抜けた。その裏、打線はレンジャーズ4番手のマイク・アダムスから安打と四球で一死一・二塁の場面を作り、6番Y・モリーナの中前打で6点目を奪った。このシリーズにおけるレンジャーズ投手陣の与四球数は最終的に、1997年のシリーズでフロリダ・マーリンズが記録した40を超え、歴代最多の41にのぼった[221]。14年前のマーリンズはそれでも優勝を果たしたが、レンジャーズはビハインドのまま8回表もランス・リンの前に三者凡退に抑えられる。9回表、カージナルスのマウンドには前日に続き、抑えのジェイソン・モットが立った。彼は、自身がそれまでに経験がないというほどの地元ファンの大声援のなかで[193]、6番クルーズを中飛に、7番ナポリを三ゴロに打ち取る。そして8番マーフィーが2球目、97mph(約156.1km/h)のフォーシームを左方向に打ち上げ、左翼手クレイグがこれを捕球した瞬間、カージナルスの5年ぶり11度目のシリーズ優勝が決まった。, モットは打球の行方を見守り、クレイグが捕球したのを確認すると、前を向き直して両腕を広げながら雄叫びをあげた。その視線の先にいた捕手のY・モリーナは、本塁付近でいったん膝をつき両手で小さくガッツポーズしたあと、すぐにモットのもとへ駆け寄って抱きついた。同時にフィールドやダグアウトから集まった選手たちも、覆いかぶさるようにモットに飛びついた。場内に紙吹雪が舞い花火も打ち上げられるなか、彼らは抱き合ったり握手したりして優勝の喜びを分かち合った。やがてフィールドにステージが設けられ、表彰式が始まった。MLB機構コミッショナーのバド・セリグから球団筆頭オーナーのビル・デウィット・ジュニアにコミッショナーズ・トロフィーが授与され、続いて進行役のクリス・ローズによるインタビューが行われた。マイクを向けられたラルーサは「今回のシリーズを言い表すなら『信じられない、すごい、素晴らしい』。これに尽きる」と語った[222]。シリーズMVPには、前日のサヨナラ本塁打やこの日の同点二塁打などで勝負強さを発揮したフリースが選ばれた[214]。フリースの活躍についてセリグは「選手がトレードで故郷のチームに入団しヒーローになる、なんて脚本を書いてみろ。そんなものを出したところで、顔面に投げ返されるのがオチだ」と述べた[223]。, レンジャーズのクラブハウスは失意に沈んでいた。例年のシリーズならば、優勝を逃したチームも試合後すぐにクラブハウスをメディアに開放するが、この日のレンジャーズがクラブハウスを開放したのは試合後20分は経ってからだった[224]。シーズンを終えた選手たちにはワシントンがねぎらいの言葉をかけていたが、彼自身も「何かひとつ振り返るなら、勝利が手の届くところまで来ていたということ。あと1球が決まっていれば、あと1アウトがとれていれば、結果は違っていただろうな」と吐露した[225]。翻って、歓喜に沸くカージナルスのクラブハウスではシャンパンファイトが始まった。彼らにとってこのシャンパンファイトは、この年4度目にして初めて本拠地ブッシュ・スタジアムで行うものだった。これまでは、ワイルドカード獲得がテキサス州ヒューストン、地区シリーズ突破がペンシルベニア州フィラデルフィア、リーグ優勝がウィスコンシン州ミルウォーキー、と全て敵地で決定していた。シリーズ3敗目を喫した第5戦終了後、ラルーサはそのことに触れながら選手たちを鼓舞しており[226]、彼らはそれに応え地元で連勝して逆転優勝を果たした。この日、ミズーリ州セントルイスの街は優勝を祝福する市民で夜遅くまでごった返し、5年前の前回優勝時とは比べ物にならないほど大きく盛り上がっていた[46]。, シーズン終了後のカージナルスには、ふたつの大きな課題が待ち受けていた。ひとつはトニー・ラルーサの後任監督探し、もうひとつは主砲アルバート・プホルスとのFA交渉である。GMのジョン・モゼリアクが第7戦終了直後、選手のもとへ向かうため球場内を移動しながら考えていたことが、このふたつにどう対処しようかということだったという[188]。, その後、カージナルスは新監督に球団OBのマイク・マシーニーを迎え入れた。プホルスとの契約交渉は合意に至らず、彼はロサンゼルス・エンゼルスへの移籍を選んだ。1996年からチームの指揮を執っていたラルーサが勇退し、2001年のデビュー以来中心選手として活躍してきたプホルスも退団と、チームの象徴的存在だったふたりが相次いて去ったことで、球団史における一時代に幕が下ろされる形となった[227]。, シリーズが終わってすぐ、カージナルスの優勝記念パレードが2日後の10月30日に行われることが発表された。コースは旧ユニオン駅舎前を午後4時に出発してマーケット通りを東へ進み、7番通りと交わるところで右折して本拠地球場ブッシュ・スタジアムへ向かうものとなった[228]。パレードの終着点ブッシュ・スタジアムでは記念式典が行われることになり、その入場券は第7戦が終了してから90分で完売している[229]。その日はアメリカンフットボールのNFLでも、セントルイス・ラムズがブッシュ・スタジアムの近くにある本拠地エドワード・ジョーンズ・ドームで正午から試合を開催することになっていた。ラムズは同じ街のチームの優勝を祝うため、シリーズMVPを受賞したデビッド・フリースの背番号23にちなんで当日券の値段を23ドルに設定し[230]、さらにカージナルスを試合に招待した。, パレード当日、カージナルス一行はラムズの招待に応じてエドワード・ジョーンズ・ドームを訪れ、プライベートスイートでラムズとニューオーリンズ・セインツとの試合を観戦した[231]。試合前にはクリス・カーペンターがラムズRBのスティーブン・ジャクソンのユニフォームを着てフィールドに登場し、先攻チームを決めるコイントスに名誉キャプテンとして立ち会った[231]。続いて試合開始後、第1クォーター途中には場内にカージナルスの紹介が行われ、スキップ・シューマッカーとラファエル・ファーカルがコミッショナーズ・トロフィーを掲げると、5万7179人の観客が入った場内はスタンディングオベーションに包まれた[232]。ラムズは2011年シーズンが開幕して6試合でまだ白星がなかったが、この日の試合ではここまで5勝2敗と好調のセインツを31-21で破る番狂わせを演じ、シーズン初勝利を挙げた[233]。試合後、セインツのヘッドコーチのショーン・ペイトンが「この街が野球の優勝で大盛り上がりなのは認めるけど、それとこの試合とは関係ないと思うね」と語る一方[232]、ラムズのヘッドコーチのスティーブ・スパヌオーロは「トニー(ラルーサ)をはじめカージナルスの皆が来てくれたことにとても感謝している。我々にとってそれがどれだけの意味を持つか、彼らに知ってもらいたかった」と述べている[233]。, この日のセントルイスは空が雲に覆われ風もあるなど天候には恵まれなかったが、ドームでNFLの試合が行われている傍らでは、パレード開始の数時間前から沿道で場所取りをするファンの姿もみられた[229]。パレードは予定通り午後4時に始まり、ラルーサ夫妻が乗り込んだワゴンをバドワイザー・クライズデールが引いて先頭を行き、続いて球団筆頭オーナーのビル・デウィット・ジュニア一家や選手たち、殿堂入りした球団OBらが一列となって進んでいった[234]。沿道はチームカラーの赤を身につけた数十万人のファンで埋め尽くされ、アルバート・プホルスやフリースなどには特に大きな声援が集まった[229]。パレードは40分ほどで満員の観客が待つブッシュ・スタジアムに着き、フィールドの二塁付近に設けられたステージで記念式典が行われた[234]。ここでラルーサは、何度もあった敗退の危機を乗り越えて優勝を果たした選手たちを賞賛し、この優勝は50年後も称えられているであろう特別なものだと評した[235]。フリースは、シリーズ優勝というひとつの夢が叶ったのはファンのおかげだと感謝の言葉を述べた[236]。ひときわ大きな歓声を浴びたのがプホルスで、球団との契約最終年のシーズンを終えてFAとなる彼は、インタビュアーの「来年もまたこうやってお祝いをするために戻ってきてくれるか」という問いに「もちろんだろ」と答え、残留を希望するファンを喜ばせた[234]。, 式典が終わると、ラルーサから話があるということで、選手たちは球場内の一室に集められた。そこでラルーサは16年間務めてきたカージナルスの監督の座を退き、現場から引退する意向を明かした。彼自身はシーズン序盤の時点で既にこの年限りという選択肢も考えており、8月には引退を決断してGMのジョン・モゼリアクに伝えていたという[237]。ただ選手やコーチ陣はそのことを知らされておらず、シリーズを終えてパレードもやったその日になって初めて告げられることとなった。突然の引退表明に涙を流す選手もおり、そのときの雰囲気をカーペンターは「話といっても『今年はいい1年だったな』みたいなことだろう、とみんなが思ってた。ところが実際には辞めるということだったから、みんな油断していたところを殴られたような感じだった」と振り返っている[238]。選手たちへの報告を済ませたラルーサは、翌31日午前に記者会見を開き「何か特定の理由がひとつあったわけではなく、いろいろなものが積み重なって『ここらが潮時だ』と思った」と退任を世間に公表した[237]。ワールドシリーズで優勝したチームの監督がそのシーズンをもって引退するのは史上初のことだった[注 9][238]。, ラルーサの後任として、カージナルスは球団内外から候補6名を選出し、面接を実施した[239]。候補者は以下の通り。, このうち、マシーニーは捕手として2000年から2004年の5年間、マクユーイングはユーティリティーとして1998年・1999年の2年間、ラルーサ指揮下のカージナルスでプレイしたことがある。一方、フランコーナとサンドバーグのふたりは、これまでカージナルスに所属したことがない[239]。指導者経験の点では、メジャーでの監督経験があるのはフランコーナのみである[240]。他の候補者もほとんどがメジャーでのコーチ経験やマイナーリーグでの監督経験は持つが、マシーニーだけは選手引退後は常勤の指導者職に就いたことがなかった。そのためモゼリアクはニューヨーク・ヤンキース監督のジョー・ジラルディに、指導者未経験からいきなりメジャー監督に就任した先達としての助言を請うたという[241]。, 11月14日、カージナルスは新監督にマシーニーを起用すると発表した[240]。ラルーサはマシーニーについて「捕手というのは1球1球の決定にかかわってくるポジションだから、リーダー的役割を自然と担うことになるし、彼自身お手本のような真のリーダーだ。だが彼は声を出してチームを引っ張っていくタイプで、これは放っておいても勝手になれるものではない」と素質を高く評価した[241]。経験の少なさについて、ジョン・ジェイは「経験があろうとなかろうと、乗り越えなきゃならない壁ってのは出てくるものだよ」と話し、フリースは「一般的には成功するために必要だとされていることを、必要としない人間もいる。マシーニーはそういう男だとうちのチームが考えているのは間違いない」と述べた[242]。マシーニーの監督就任決定後、カージナルスはオケンドーを三塁コーチに留任させ、マロニーを一塁コーチに採用した[243]。, シリーズの閉幕により各球団で契約を満了した選手がFA登録され、11月3日から他球団との交渉が解禁される[244]。カージナルスからはエドウィン・ジャクソンやラファエル・ファーカルらもFAとなるが、やはり最大の注目は、MLB史上3例目となる総額2億ドル超えの大型契約が濃厚とみられていたアルバート・プホルスだった。1999年のドラフトでカージナルスから指名されてプロ入りし、それ以来カージナルス一筋だった彼にとって、FAとして他29球団とも自由に契約交渉ができるようになったのは今回が初めてである[245]。交渉解禁後、これだけの契約が可能なほどの予算を持つ球団がわずかななかで[注 10]、意外にもマイアミ・マーリンズが獲得に積極的な姿勢を見せた。マーリンズは新球場マーリンズ・パーク移転1年目のシーズンを控え、それまでの緊縮財政から一転して積極補強に打って出ていた。カージナルスも再契約へ向けて交渉を続けており、時が経つにつれて球界では、カージナルス残留かマーリンズ移籍のどちらかで決まりという空気が色濃くなっていく[246]。しかし、カージナルスは契約年数で、マーリンズはトレード拒否権の有無で、それぞれプホルス側が求める条件を満たすことができなかった[247]。そしてこのタイミングで、新たにロサンゼルス・エンゼルスが獲得に名乗りを上げた。球団オーナーのアルトゥーロ・モレノがプホルスに直接電話して話すことで彼の心をつかみ[248]、提示した条件も契約期間やトレード拒否権の付与などプホルス側の要求に応えたものだった[247]。, 12月8日、プホルスはエンゼルス入団で基本合意に達する。契約はMLB史上3番目の高額となる10年総額2億4000万ドルで、金額ではカージナルスが出したオファーを4000万ドルも上回っていた[249]。カージナルスは球団を代表するスター選手を失うことになり、オーナーのビル・デウィット・ジュニアは「プホルスをセントルイスにとどめておくことができず失望している」と声明を出した[250]。ただ、カージナルスがこれほどの契約を結んでいたら球団予算が逼迫するのは必至であり、チームは名を捨てて実をとったともいえる[251]。プホルスの穴を埋めるため、チームは新右翼手としてカルロス・ベルトランを獲得し、既にシーズン中に契約延長を済ませていたランス・バークマンを右翼からプホルスが抜けた一塁へ再コンバートした[252]。また、FAとなった他の選手のうち、遊撃手のファーカルとは再契約した[253]。他方で投手陣は、アダム・ウェインライトの復帰で先発ローテーションが5人揃うことからE・ジャクソンとの再契約は見送られ[254]、救援もオクタビオ・ドーテルがFA移籍するなど一部が入れ替わる[255]。新監督の下での連覇を目指すチームは、このように戦力を整えていった。ところがスプリングトレーニングでは、1年前のウェインライトに続き、今度はクリス・カーペンターが右肩の神経に炎症を起こして故障者リスト入り[256]。こうしてカージナルスは2年連続でローテーションの柱を欠いたまま2012年のシーズンに突入することとなった。, レンジャーズでは、野手陣でFAとなったのはエンディ・チャベスやマット・トレーナーなど控え選手に限られ、主力は全員残留。1試合平均得点がリーグ3位の5.28を記録した強力打線は次のシーズンも変わらぬ顔ぶれとなった。投手陣では先発のC.J.ウィルソンをはじめ、救援のダレン・オリバーやマイク・ゴンザレスなど左腕が揃ってFAに。特にC・ウィルソンは、このオフにFAとなった投手のなかでもトップクラスと見做されていた[257]。しかしチームは、1年前にクリフ・リーがFAになったときとは異なり、このときはC・ウィルソンを積極的に引き止めようとはしなかった。C・ウィルソンは、レンジャーズからは春先に3年契約を提示されたもののそれっきりで、オフになっても正式なオファーはなかったと主張している[258]。その代わりにチームが採った補強策は、ジョー・ネイサンを獲得して新たな抑え投手とし、これに伴ってネフタリ・フェリスを抑えから先発に転向させるというものだった[259]。C・ウィルソンは結局、レンジャーズと同地区のロサンゼルス・エンゼルスへ5年契約で移籍する[260]。エンゼルスについては、C・ウィルソンと同じ日にアルバート・プホルスとも契約合意が報じられており、投打の大物FAを一挙に獲得したエンゼルスの動きは球界に大きな衝撃を与えた[246]。, 同地区のライバル球団が大型補強を行ったのに対し、レンジャーズの投手陣強化もフェリスの先発転向だけにとどまらない。続いて、日本プロ野球(NPB)からダルビッシュ有の獲得に乗り出す。ダルビッシュは、NPBがセ・パの2リーグ制になってからは史上初となる5年連続防御率1点台を達成し、所属する北海道日本ハムファイターズからポスティングにかけられていた[261]。元々レンジャーズは早い段階から獲得に向けての準備を進めており、GMのジョン・ダニエルズ自らシーズン中の6月に日本を訪れてダルビッシュの投球を視察したり[262]、NPB経験者のコルビー・ルイスや建山義紀を通じて日本球界への理解に努めたりしていた[263]。こうした調査の末にチームはダルビッシュを高く評価し、実際にポスティングが公示されるとトロント・ブルージェイズら他球団を抑え、30日間の独占交渉権を落札した[264]。そして交渉の末、期限切れ目前の2012年1月18日に彼と6年契約を締結することで合意に至った[265]。チームが彼の獲得に費やした資金は、交渉権落札費用と年俸総額で合わせて1億ドル以上と、MLBでまだ1球も投げていない投手への投資としては異例の大金だった[266]。入団会見でダルビッシュは、レンジャーズがサヨナラ負けを喫したワールドシリーズ第6戦について「去年の僕だったら、あそこにいてホームランを打たれて負けていたと思う。でも今年はしっかりやれると思う」と語り、自信を覗かせている[267]。, 補強の結果、先発ローテーションはルイスを筆頭にデレク・ホランドとマット・ハリソンの両左腕、そしてダルビッシュとフェリスの5人で構成されることになった。これに伴い、前年のレギュラーシーズンでは先発を務めていたアレクシー・オガンドは中継ぎに戻された[268]。その中継ぎでは、オリバーがブルージェイズへ移籍し[269]、M・ゴンザレスも条件面で折り合いがつかず退団した[270]。両投手がいなくなったことによって、オガンドやマイク・アダムスら右腕が豊富な一方で左腕は手薄という偏った陣容となった。スプリングトレーニングを経て25人ロースターに入ったのは新人のロビー・ロスひとりだけと[271]、救援左腕の少なさには不安を抱えてレンジャーズは2012年のシーズン開幕を迎えた。, シリーズ終了直後から、MLB公式サイト "MLB.com" ではカージナルス優勝記念グッズの販売が始まった。しかし商品リストのなかに、敗れたレンジャーズの優勝記念グッズが数点紛れ込むというミスがあった[272]。このようなお蔵入りとなるグッズは、キリスト教福音主義系の人道支援団体 "ワールド・ビジョン" に寄付され、アフリカなどの開発途上国へ渡ることになっている[273]。カージナルス優勝記念グッズのうち、シリーズの模様を収めた公式記録DVDは、地元ミズーリ州セントルイス出身で俳優のジョン・ハムがナレーターを務めたハイライト版(ASIN B005CXOGB4)と、全試合のノーカット映像を収録した8枚組のコレクターズ・エディション(ASIN B005CXOGAU)の2種類が発売されることになった[274]。発売当日の11月22日にはセントルイス市内のピーボディ・オペラハウスで試写会が行われ、シリーズMVPのデビッド・フリースやセントルイス市長のフランシス・G・スレイらが出席した[275]。また翌年4月にはこれとは別に、第6戦のみを収録したDVDとBlu-ray Disc(ASIN B0071BY2NC)も "Baseball's Greatest Games" シリーズのひとつとして発売された[276]。, MLB機構と選手会の合意により、2012年からポストシーズンの方式が変更されることが決まった。1995年から17年間続いた従来の方式では、リーグごとに3地区それぞれの優勝球団とそれ以外で全地区を通して最も勝率が高いワイルドカード1球団の、計4チームずつが地区シリーズに進出していた。2012年から新たに導入される方式ではワイルドカードの枠がひとつ増えて2になり、その2球団が1試合の直接対決 "ワイルドカードゲーム" を戦って、勝った球団のみが地区シリーズへ進出する。新方式ではワイルドカード球団はたった1試合で敗退する可能性があるうえに、その1試合にエース投手をつぎ込んで勝ったとしても、地区シリーズではエースがシリーズ後半まで投げられない状況で地区優勝球団と対戦しなければならないなど、事実上の大きなハンデが課される[277]。2011年のポストシーズンはワイルドカード球団のカージナルスが優勝して幕を閉じたが、2012年以降はこのようなことが起こりにくくなると期待される[注 11]。またカージナルスは、ポストシーズン8チーム制の下では最後の優勝チームとなった。, 試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱と始球式、およびセブンス・イニング・ストレッチにおける『ゴッド・ブレス・アメリカ』独唱を行った人物は、それぞれ以下の通り。, ワールドシリーズ優勝回数が30球団中2番目に多いカージナルスは、本拠地ブッシュ・スタジアムでの4試合全てで、過去のシリーズ制覇に貢献したOB・選手を始球式の投手役に起用した。第1戦で始球式を行った3人はチームが過去にシリーズ優勝を決めた瞬間にマウンドに立っていた投手で、B・ギブソンは1964年と1967年の2度とも最終戦で完投勝利を挙げ、スーターは1982年のシリーズで、ウェインライトは2006年のシリーズで、それぞれ優勝決定試合でセーブを記録した。第2戦に登場したブロックとショーエンディーンストは、1964年と1967年のシリーズでブロックが選手として、ショーエンディーンストがコーチ・監督として、チームを優勝に導いた。第6戦のエクスタインは2006年のシリーズMVPを受賞、第7戦のフォーシュは1982年のシリーズで2試合に先発登板している。この始球式の時点でフォーシュは胸部に動脈瘤を患っており、それから6日後の11月3日にフロリダ州タンパ近郊の自宅で死去した[299]。, これに対し、シリーズでの優勝経験がないレンジャーズは、本拠地レンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンでの3試合の始球式で、投手役に球団の選手だった人物を起用しなかった。第3戦のノヴィツキーはバスケットボールのNBAでダラス・マーベリックスを2011年のファイナル優勝に、第5戦のストーバックはアメリカンフットボールのNFLでダラス・カウボーイズを1972年のスーパーボウル優勝に、それぞれ導いてその優勝決定戦でMVPを受賞した人物であり、この両チームは本拠地をレンジャーズと同じテキサス州ダラス・フォートワース複合都市圏に置いている。レンジャーズと直接関係があるのは第4戦に登場したブッシュで、彼は第43代アメリカ合衆国大統領に就任する前に球団の共同オーナーを務めていた。ただこれらの始球式で捕手役を務めたのは、第3戦がマイケル・ヤング[300]、第4戦がノーラン・ライアン[301]、第5戦がケニー・ロジャース[302]、といずれもレンジャーズの選手・OBだった。, 第1戦と第7戦でそれぞれ国歌独唱を行ったマクリーリーとドートリーは、このワールドシリーズをテレビ中継したFOXのリアリティ番組『アメリカン・アイドル』の出身で、マクリーリーはシーズン10(2011年放送)で優勝、ドートリーはシーズン5(2006年放送)で4位だった[303]。また、第4戦で国歌独唱したデシャネルは、FOXでこの年の9月から始まったシチュエーション・コメディ『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』に主演している。このうちマクリーリーの独唱は、歌い始めからしばらくマイクのスイッチが入っていなかったため途中でやり直しとなり、さらに歌詞の "O say does that star-spangled…" という部分を "No Jose does that…" と間違えたようにも聴こえるなどのトラブルがあった[304]。, アメリカ合衆国におけるテレビ中継はFOXが放送した。FOXによる中継は2000年以来12年連続、通算では14回目となった[305]。今回の中継は2006年7月にFOXがMLB機構との間に締結した、2007年から2013年までの7年間の放映契約に基づくものである[306]。FOXがスポンサー企業に販売したCM放送枠の価格は30秒あたり50万ドルと推定され[307]、シリーズが最終第7戦までもつれたこともあって、FOXが得た広告収入は総額2億6880万ドルにのぼったとみられる。これは5試合で終わった前年のシリーズと比べて7760万ドルの増収であり[308]、またこの年2月に開催されたアメリカンフットボールのNFL・第45回スーパーボウルでFOXが得た広告収入をも4000万ドルほど上回っている[309]。, 実況はジョー・バックが、解説はティム・マッカーバーが、フィールドリポートはケン・ローゼンタールが、それぞれ務めた。バックによる実況は14回目、マッカーバーによる解説は22回目であり、いずれもシリーズ史上最多である[305]。マッカーバーはシリーズに先立ち心臓に血管形成術を受けたため長距離移動を控えざるを得ず、同じくFOXが中継したアメリカンリーグ優勝決定戦では最初の2試合のみ出演を取りやめていたが、健康上の大きな問題はないとして復帰し[310]、今シリーズは全試合で解説を務め上げた。また試合前にはクリス・ローズ進行のコーナーがあり、ゲスト出演したシカゴ・ホワイトソックス捕手のA.J.ピアジンスキーと解説のエリック・キャロスが試合の見所などを語った。, シリーズを通しての、全米および出場両チームの本拠地都市圏における視聴率等は以下の通り。, 2年連続でシリーズに出場したレンジャーズの対戦相手の本拠地都市圏をテレビ受信世帯数で比較した場合、セントルイス(カージナルス)は前年のカリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリア(サンフランシスコ・ジャイアンツ)の半分の規模しかなく[311]、このことが全米視聴率にとってマイナス要因となる可能性があった。実際には、セントルイスやダラスだけでなくその近隣の都市圏でも視聴率が堅調だったこともあって、前年の試合数と同じ5試合を終えた時点での平均全米視聴率は8.3%とほぼ横ばいだった[314]。第6戦と第7戦はともに12%を超える高視聴率で、シリーズ全試合の平均視聴率は10.0%と、2009年(11.7%)以来2年ぶりに二桁となった。また第7戦の平均視聴者数は2540万人で、ワールドシリーズ中継としては2004年の第4戦(2880万人)以来となる多くの視聴者を獲得したことになる[316]。ただ、第7戦が行われた金曜日は他の曜日に比べて視聴率が取りにくいとされるため、もし雨天順延がなく第7戦が当初の予定通り木曜日に行われていれば、視聴率はもっと伸びていたとみられる。FOXの関係者は、第7戦が金曜日開催になったことで視聴率が1割ほど落ちたと述べている[317]。, 第4戦および第5戦の中継は、他局によるNFL中継と放送時間が重なっていた。第4戦の裏番組として、NBCは『サンデーナイトフットボール』(SNF)を放送した。SNFは2006年の放送開始以来、4年間はワールドシリーズがある週の中継を見合わせていた。しかし2010年に初めて同じ時間帯での放送を行い、視聴率でFOXのシリーズ中継を上回る数字を残した。シリーズ中継の視聴者数が裏番組のNFLレギュラーシーズン中継より少なかったのは、これが史上初のことであった[318]。それから1年後の今回は、FOXのシリーズ第4戦が9.2%だったのに対してNBCのSNFは8.2%にとどまり、前年とは逆の結果となった[注 12][319]。翌日も、FOXのシリーズ第5戦がESPN『マンデーナイトフットボール』よりも高い視聴率を記録している[320]。, 第6戦が当初予定の10月26日から順延された際、FOXは雨傘番組としてドラマ『glee/グリー』シーズン2の第5話と第12話を再放送した[注 13][321]。そして翌27日の第6戦にカージナルスが勝利したことで最終第7戦が28日に組まれると、FOXは同日に放送予定だったリアリティ番組 Kitchen Nightmares およびドラマ『FRINGE/フリンジ』シーズン4・第5話を翌週に延期した[322]。シリーズの順延はさらに、FOXだけでなくCBSの編成にも影響を及ぼした。同局はシリーズとの視聴率競争を避けるため、28日に放送予定だったドラマ A Gifted Man 第6話→『CSI:ニューヨーク』シーズン8・第6話→『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜』シーズン2・第6話の3作を翌週に延期し『A Gifted Man』パイロット版→『CSI:マイアミ』シーズン9・第2話→『CSI:ニューヨーク』シーズン7・第14話の再放送に切り替えた[注 13][323]。, この放送は2012年4月30日に発表された第33回スポーツ・エミー賞において、最優秀中継特別番組賞を受賞した[324]。MLB中継が同賞を受賞するのは、FOXによる2006年のポストシーズン中継が第28回で選ばれて以来、5年ぶりのことである。, カナダでは、ロジャーズ・コミュニケーションズ傘下のスポーツネットがテレビ中継を行った。同局はレギュラーシーズン中は、同じ企業グループに属するトロント・ブルージェイズの試合を放送していた。実況と解説はアメリカ合衆国外での英語放送用に製作された、ゲイリー・ソーンとリック・サトクリフによる音声を使用した[325]。, 今回のシリーズは、同局がこれまで中継してきたシリーズのなかでも多くの視聴者を獲得した。全試合の平均視聴者数は68万8000人で、2009年(74万9000人)と2004年(74万2000人)に次ぐ歴代3位となり、また第7戦の平均視聴者数はこれまで最多だった2004年の第4戦(91万3000人)をも上回る110万人を記録した[326]。, 日本での生中継の放送は、日本放送協会(NHK)の衛星放送チャンネル "BS1" で行われた。現地での試合開始時間である中部夏時間午後7時頃は、日本時間の翌日午前9時頃となる。実況の冨坂和男と解説の小早川毅彦が日本から現地へ渡り、全試合で球場に設けられたNHKの放送ブースから様子を伝えた。また第1戦・第2戦の2試合には、ナショナルリーグ優勝決定戦でカージナルスと対戦したミルウォーキー・ブルワーズの斎藤隆もゲスト解説として出演した[327]。斎藤は、シリーズに選手として出場するのではなく解説を務めることについて「こうやって見ると残念だし、悔しさが込み上げてくる」と述べた[328]。, 当初の日程では、第7戦は日本時間10月28日に開催される予定だった。しかし第6戦が悪天候により順延となったため以降の日程が1日ずれ、第7戦開催日は日本時間29日に変更となった。元々この日のBS1では、サッカーのイタリア一部リーグ "セリエA" におけるアタランタBCとインテルナツィオナーレ・ミラノとの対戦を録画放送する予定だったが、ワールドシリーズが第6戦を終えても決着がつかず第7戦に突入することになり、編成を変更する必要が生じた。その結果、ワールドシリーズ第7戦はハイビジョン画質のデジタル101チャンネルで生中継し、セリエAは同じ時間帯に臨時放送用・標準画質のデジタル102チャンネルで放送するマルチ編成が実施された[327]。, 複数のメディアが今回の対戦について、ワールドシリーズの歴史のなかでも上位に入る名勝負だと論じた。MLB.comのテレンス・ムーアは「1975年と1991年の2シリーズよりは下」としつつ「3番目には入るかもしれない」との見方を示した[330]。『ニューヨーク・タイムズ』のタイラー・ケプナーは「おそらく直近25年で五指に入るだろう」と述べ[331]、『ワシントン・ポスト』のトーマス・ボズウェルは「ここ50年でも屈指のシリーズ」と評した[332]。『サンフランシスコ・クロニクル』のブルース・ジェンキンスは「過去にはもっといい第7戦もあったし、スーパースターが光り輝いたシリーズなんて数えきれないほどあるが、こんなシリーズは初めてだ。感情がむき出しになって激しく揺さぶられた、という点において今回のシリーズは最高峰に近い」と綴った[333]。2012年10月には『スポーティング・ニュース』による歴代最高のシリーズ・トップ10が発表され、そのなかで今シリーズは2001年・1991年・1975年に次ぐ4位とされている[334]。, 特に第6戦については賞賛の意見が寄せられた。『スポーツ・イラストレイテッド』のトム・バードゥッチは「1975年や1986年の第6戦にも匹敵するシリーズ史上最高のスペクタクル」とし[335]、ロイター通信のラリー・ファインは「セントルイスの大逆転劇は1991年や1975年の第6戦をも上回った」と位置づけた[336]。ティム・マッカーバーは、解説者として観てきたシリーズのなかで最も印象深い試合として、1991年の第7戦とともに今回の第6戦を挙げた[337]。ニューヨーク・メッツのR.A.ディッキーは「もし過去に戻れるなら観たい試合は」との質問に対して、ジャッキー・ロビンソンのデビュー戦(1947年4月15日)やケリー・ウッドの1試合20奪三振(1998年5月6日)とともにこの第6戦を挙げ、感想として「あっという間にファンを喜ばせたり落ち込ませたりした、最もファンタスティックな試合のひとつ」と述べた[338]。『デンバー・ポスト』のトロイ・E・レンクは「第6戦の映像は永遠にリプレイされ続けるだろう。この信じられないような試合だけでも、今シリーズは史上最高のシリーズ候補のひとつとなる」とし[339]、『シカゴ・トリビューン』のフィル・ロジャースは「永遠に記憶に残る歴史的な試合」と記した[340]。『トロント・スター』のリチャード・グリフィンはこの試合を「両チームは地面を深く掘り進めていき、このシリーズを歴史的なものに変貌させる未知の何かを発見した」と表現している[341]。この試合については、両チーム合わせて5失策を記録した守乱ぶりなどから批判的な評価もあったが、それに対して『ウォール・ストリート・ジャーナル』のジェイソン・ゲイは「完璧さというのはフィギュアスケーターやチェリストのための概念だ。野球は乱雑さやひどさの上に成り立ってきたのであり、だからこそ1991年の第7戦という素晴らしい試合も、1986年の第6戦を忘れさせるには至らないのだ」と反論した[201]。, 対照的に最終戦については「盛り上がりに欠ける」との声が相次いだ。ムーアが今シリーズを「1975年と1991年よりは下」とした理由が、まさにこの点にある[330]。ボズウェルも最終戦には「1960年・1975年・1991年・2001年と素晴らしい第7戦で締めくくられたシリーズがあっただけに、レンジャーズが四死球で自滅した今回のような結末では、史上最高のシリーズとまでは言えない」と厳しい[332]。『ヒューストン・クロニクル』のリチャード・ジャスティスは今シリーズを「カージナルスは2度の敗退の危機を乗り切ってシリーズ史上最高の試合のひとつに勝利した24時間後、本拠地の47,399人のファンの前で拍子抜けの第7戦を制して目的を完遂した」と総括した[342]。ESPNのジム・ケイプルは、今シリーズやポストシーズン全体については高く評価しながらも「1991年や2001年の第7戦と比べると、今回の第7戦にはがっかりだ。カージナルスのファンは同意しないだろうが」と書いている[343]。その一方で『USAトゥデイ』のポール・ホワイトは、最終戦があまり盛り上がらない展開だったことは認めつつ「カージナルスの奇跡的な第6戦勝利が真に意味を成すには、彼らが最終戦も勝ってシリーズを終わらせなければならなかった」と、内容よりも結果を重視する姿勢をとった[329]。同様に『タイム』のショーン・グレゴリーも「これからは2011年のワールドシリーズといえば第6戦、ということになっていくのだが、カージナルスが勝利でシリーズを締めくくったことも認めてやらなければ」としている[217]。また、ベースボール・プロスペクタスのジェイ・ジャフは「第7戦が前日ほど白熱した試合にならないことは、試合前からほとんどわかっていた。1975年や1986年のシリーズだって第7戦は第7戦でいい試合だったのかもしれないが、それでも第7戦について語るときの声の調子は第6戦のときほど恭しくはならない」と綴った[213]。, 『ハードボール・タイムズ』のクリス・ジャフは、主観的ではなく定量的な評価を行った。彼は歴代のポストシーズン各シリーズについて「1点差試合は3ポイント、1-0の試合ならさらに1ポイント」「サヨナラゲームは10ポイント、サヨナラが本塁打によるものならさらに5ポイント」「7試合制のシリーズが最終戦までもつれれば15ポイント」などというように、試合経過やシリーズの展開が一定の条件を満たすのに応じてポイントを付与することで、面白さの数値化を試みた。その結果、この年の両リーグ優勝決定戦まで全262シリーズの平均が45ポイントのところ、今シリーズは107.7ポイントを獲得した[注 14]。これはワールドシリーズでは史上5位、地区シリーズやリーグ優勝決定戦を含めた全263シリーズ中でも13位の高得点となった[345]。ただ彼自身、1975年の第6戦と今回の第6戦のどちらがよりいい試合だったかを論じた際には、自作の評価法では今回のほうが高いポイントを獲得したにもかかわらず、数字には表れない好プレイや拙いミスの存在を理由に、1975年のほうに軍配を上げている[346]。, ESPNのウェブサイトは閲覧者を対象に、このシリーズの評価を「今までで一番」「有数の好勝負」「それほどでもない」の3つから選ばせるアンケートを実施した。20万を超える投票のうち「有数」(約60%)と「一番」(約25%)が合わせて80%以上を占め、地域別にみるとカージナルスの地元ミズーリ州では「一番」が、レンジャーズの地元テキサス州を含むその他の州やアメリカ合衆国外では「有数」が、それぞれ過半数となった[347]。, 第1戦をブッシュ・スタジアムの客席で観戦する、アメリカ合衆国大統領夫人ミシェル・オバマや同副大統領夫人ジル・バイデンら, 第3戦開始前、レンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンのフィールドに広げられたアメリカ合衆国の国旗, 第4戦のセブンス・イニング・ストレッチで『ゴッド・ブレス・アメリカ』を歌うテキサス空軍州兵エリカ・スティーブンス, 最終第7戦でブッシュ・スタジアムに入場できなかったファンのなかには、隣の建物の駐車場に陣取り球場の空気を肌で感じつつ、車のバッテリーを使ってテレビ中継を観る者もいた, 第7戦で地元カージナルスが優勝を決め、ブッシュ・スタジアムに紙吹雪が舞うなかで表彰式の準備が進められる, 表彰式の様子。MLB機構コミッショナーのバド・セリグや球団GMのジョン・モゼリアクらが登壇し、台の上にはコミッショナーズ・トロフィーが置かれている, 優勝記念パレードでは、球団筆頭オーナーのビル・デウィット・ジュニアがコミッショナーズ・トロフィーを携えていた, 2012年1月17日、カージナルスはアメリカ合衆国大統領バラク・オバマの招待を受け、ホワイトハウスを表敬訪問した, 選手

Official髭男dism 宿命 歌詞 コピー, 杏 読み方 な, ファミマ パン カロリー ランキング, ファミマ ライザップ いつまで, Dazn アプリ 見れない, キラ メイジャー 完全なりきりセット 電池, 日ハム 清水 イップス, 少年野球 ピッチャー 球速, 富田 千葉駅 コロナ, 爆笑問題 田中 病気, 宮部みゆき 時代小説 三島屋,

カテゴリー

PAGE TOP