ミスミソウ 2巻 ネタバレ, ダイエー ホークス 歴代 キャッチャー, ウルトラマン ネタバレ 2020, マイボナ 棋譜データベース 更新, サッカー アプリ 実名, リング バースデイ 雅美役, ...">

ブログ

サウジアラビア 石油 問題

2019年1月、サウジアラビアは第3者機関(米国DeGolyer& MacNaughton)による調査結果を受け、世界最大規模の同国 原油埋蔵量および天然ガス埋蔵量の上方修正を発表。 石油埋蔵量:2,663億バレル⇒2,685億バレル(+25億バレ ル)に改定 1$=3.75sr(固定レート) 12 経済の概要 (1)サウジアラビアは世界最大級の石油埋蔵量,生産量及び輸出量を誇るエネルギー大国。輸出総額の約9割,財政収入の約8割を石油に依存。 2015年10月20日 03:38:49: jXbiWWJBCA サウジで政府契約業者への支払いに遅れ、原油安で-関係者 (1) 2015/10/19 16:04 JST (ブルームバーグ):原油価格下落の影響で2009年以来の財政赤字に陥っているサウジアラビアは、政府の契約業者への支払いを遅らせている。 現在のサウジアラビアが抱える最も大きな経済問題は失業です。 正式な統計はなく、数字はまちまちですが、恒常的に10%を超えています。 さらに、女性の失業率は30%、20〜30代の若者の失業率は40%と言われています。 1つは若い世代が多いサウジアラビアでの急速な口増加と経済発展で水需要が増加していることにあります。 原油価格の暴落は、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の協調減産をめぐる交渉が決裂し、サウジアラビアが価格競争を開始したため。 サウジアラビアは、前途には複雑な問題が待ち構えていることを理解しているが、 そうした問題を乗り越えるための計画も策定済みである。 過去25年間、サウジアラビアの経済は平均して毎年4%を超える成長を実現し、その イランが締め出されている間にサウジアラビアは原油を増産しトランプ政権は原油価格高騰を防ぐという利害の一致に至り現在関係は良好なのです。 その原因はサウジアラビアの石油依存にあるとされています。 「アラブの春」以降、国民の不満を和らげるために補助金制度などを拡大し … アメリカのトランプ大統領は15日、イエメンの反政府勢力フーシがサウジアラビアの石油関連施設に攻撃したことについて、「我々は犯人を知っていると信じるだけの証拠がある。 サウジアラビアは今年、原油価格の暴落により、2020年の予算に1000億リヤル(約2兆8000億円)超をカウントしない見込み。サウジ通信社(spa)が、同国のムハンマド・ビン・サルマン皇太子の言葉を引用して伝えている。 サウジアラビア・リヤル(sr) 11 為替レート. サウジアラビアは石油大国の名に恥じることなく、原油確認埋蔵量は世界第2位の推定約2,700億バレルを誇ります。 これは、サウジアラビアとクウェートの間の中立地帯に埋蔵されている、25億バレルの原油(中立地帯には50億バレル以上の原油があるとされ、この場合は両国が権利を分け合う)を含む … 4. サウジアラビアの産業といえば石油産業です。サウジアラビアは世界最大級の石油埋蔵量、生産量および輸出用を誇っており、輸出総額の約9割、財政収入の約8割を石油に依存しています。 サウジ石油施設攻撃 は、 2019年 9月14日 に サウジアラビア 東部の アブカイク と フライス ( 英語版 ) にある サウジアラムコ の 石油生産プラント を標的として行われた ドローン 攻撃。 サウジアラビア経済は、石油に依存してきた経緯があり、近年では原油価格の下落によりgdp成長率も低下傾向で 推移していますが、足元においても石油・天然ガス部門がgdpの4割を占めています。 経済動向:gdp 実質gdp成長率推移 gdp業種別構成比(2016年) サウジアラビアの世界最悪レベルの人権侵害が容認されている理由は、石油と、そこから生まれるオイルマネーの投資、武器の取引先としての期待の主に3つだ。特に、アメリカ・イギリスの軍需産業と、サウジの石油産業は密接に結びついている。 サウジアラビアは今、多くの問題点、不安材料を抱えており、巨額の財政赤字に陥っている、と歴史学者の山内昌之氏は語ります。その最大の要因となっているのが原油安です。 もともとサウジアラビアは石油をはじめとする地下資源が豊富な国。 ただ、国民の約3分の1が外国人というように外国人労働者に依存した社会構造、石油による「金持ち国」サウジアラビアにはびこる勤労精神の欠如といった、サウジアラビアならではの深刻な問題が存在し … サウジアラビアの産業 経済の中心である石油. たまに、私、とらのすけが登場します。, 【わかりやすく解説】サウジアラビアの石油施設攻撃はなぜ?アメリカは黒幕をイランと主張?, まずは中東情勢の構図を見る!!アメリカ・サウジアラビア・フーシ派・イランの複雑な関係とは?, 【わかりやすく解説】フーシ派は過去にもサウジアラビアをドローンやミサイルで攻撃!?, フーシ派とイランの無人航空機(UAV)が似ている!?イランがフーシ派に武器システムを提供か?. サウジアラビアは「フーシ派による攻撃だ」と主張している。 フーシ派は「イエメンでの空爆を停止しない限り、さらなる大規模攻撃を実施する」と宣言しているが、思い出されるのは昨年9月のサウジアラビア東部の石油施設に対する大規模攻撃である。 サウジの石油関連施設の攻撃を巡ってトランプ大統領が報復を示唆. サウジアラビア王国が誕生したのは1932年。以来、王国は90年近くをかけて、地球上で最も裕福な国の1つに成長した。その大半が、広大な油田と天然ガスのおかげだ。だが、サウジアラビアは農業生産といった他の経済活動にも積極的に取り組んでいる。軍 なぜ、サウジアラビアは急速に改革を進めているのでしょうか。 . 豊富な石油、天然ガス資源があるサウジアラビアが抱える水問題の原因は何なのでしょう? サウジアラビアの女性と言えば、美人が多い。サウジアラビアの女性は、どんな生活をしているのか気になる。外出をしているサウジアラビアの女性は、いつも顔を隠しているからだ。サウジアラビアの女性は、外出する時にどうして顔を隠すのだろうか。 サウジアラビアの産業 原油の埋蔵量・輸出量ともに世界有数 で、 石油輸出国機構 (OPEC) の中心国にもなっており、原油や石油製品の輸出で経済を支えているが、工業化はあまり進んでいない。 報道番組で「サウジアラビアの石油施設が空爆で爆破された!」「アメリカはイランを黒幕と主張!」「なんで石油施設を爆破したの?」など、なかなか内容が難しくて頭に入ってきませんよね。, 今回は、『サウジアラビアの石油施設の攻撃』について、わかりやすく解説していきます!!, サウジアラビアの石油施設が攻撃されたニュースは、ただの爆破事故ではなく、国際問題に発展する極めて重要なこと。, サウジアラビア国防省は9月18日、イランの巡航ミサイル7機とドローン18機による犯行だったと主張。, 石油施設を攻撃したドローンは、1500km飛行できる新型であったと言われていますね。, 犯行は1500km圏内の隣国の可能性が高く、攻撃をレーダーなので事前に防げなかったのか?と疑問に思いますが、ドローンを使用した理由がありました。, ドローン攻撃はあくまで巡航ミサイルの代用品。戦艦や空母を撃沈することはできず、ミサイルを手に入れられない集団が、テロや破壊工作に使用する程度, サウジアラビアは空防システムに数千億円かけていて、わずか数万円のドローンに攻撃されたと、なんとも情けない結果になりました。. 日本は、石油とガスの多くを中東諸国からの輸入に依存しています。石油については、36%を占めるサウジアラビアをはじめ、アラブ首長国連邦(UAE)、カタール、クウェート、イラン、イラクと、85%が中東の産油国から輸入されたものです。またガスについても、23%を中東から輸入しています(「 … サウジ石油施設攻撃は、2019年9月14日にサウジアラビア東部のアブカイクとフライス(英語版)にあるサウジアラムコの石油生産プラントを標的として行われたドローン攻撃。イエメンのフーシによる攻撃声明が出されたが、アメリカ合衆国はイランがその背後にいるものと断定した。イエメン内戦へのサウジアラビアの介入を巡る一連の出来事の一つ。, サウジアラビア内務省によれば標的となった施設では大規模な火災が発生し、数時間後に鎮火されたものの復旧には数時間を要した。そのため、サウジアラビアの石油生産量の約半分、世界の石油生産量の約5%が減少し、国際金融市場を不安定化させている。, サウジアラビア内務省が同国報道機関に明らかにしたところでは、ドローン攻撃によりアブカイクとフライスの2つの施設で発生した火災に対し、サウジアラムコの保安部門は午前4時(01:00 GMT)に消火活動を開始した。複数のドローンによって実行されたものとされ、当時施設の近くで録音されたアザーン(イスラム教の礼拝を呼びかける声)に機関銃の銃声が混じっていたことから、警備員がドローンを撃ち落とそうとしていたと見られる[1]。火災はいずれも数時間で鎮火され、死者は報告されていないが、この攻撃による負傷者がいたのかどうかは定かではない[1]。, アブカイクの施設はサウジアラムコによれば「世界最大の原油脱硫プラント[訳語疑問点]」であり、精製の前段階としてサワー原油からの硫黄分の除去を行っている。日産700万バレル以上、世界の石油生産量の7%の処理能力を持つ[2][3]。米国家経済会議及び米国家安全保障会議の元メンバーであるボブ・マクナリーは、ロイターに対し「アブカイクに対する攻撃は石油市場と世界経済に深刻な心臓発作が起きるようなものだ」と語った[4]。2006年には、アル=カーイダによる自爆攻撃未遂があった[2]。フライス油田は、日産約150万バレル、埋蔵量は最大200億バレルに達すると推定されている[2][5]。, フーシは攻撃の数時間後に声明を発し、10機のドローンによって石油生産プラントを使用不能にしたと主張した[1]。サウジアラビアは西側陣営を主導し、イエメンでフーシによって追放された大統領を支援してきた[2][6]。サウジ陣営はイエメンをフーシから奪還しようと試みているが、フーシは国際的な承認を得ることを目標にしている[1]。, 今回の攻撃以前の数週間に渡り、サウジアラビアの石油インフラに対する同様のドローン攻撃が繰り返し行われていたものの、目立った損害や影響は出ていなかった[1]。これらの攻撃についてフーシは、サウジ陣営による空爆その他の攻撃に対する報復の権利を有していると主張していた[4]。フーシの軍スポークスマンは「これらの攻撃は我々の権利だ。サウジ政権が封鎖と侵略を継続する限り、次の作戦はより広範で痛烈なものになるであろうと言明する」と述べた[2][7]。, また、サウジの報道官はイラン製のドローンが使用されたと発表したが、フーシの報道官はイエメン内戦でアラブ首長国連邦(UAE)のドローン(翼竜II[8])によって殺害された政治部門指導者サーレハ・アリ・アル=サマド(英語版)最高政治評議会(英語版)議長(元首格)に因むサマド3(英語版)やカセフ1(英語版)などを投入したと主張してUAEも攻撃対象であることを表明した[9][10]。何れも600ドル未満で手に入る中国製エンジンなど市販の部品で構成された廉価なドローンである[11]。, 米高官は、数十の巡航ミサイルと20以上のドローンが攻撃に用いられたものとした[12]。米国は、攻撃の調査と施設・エネルギー供給の安全・安定化のためにサウジアラビア当局と協力するとし、マイク・ポンペオ米国務長官は攻撃の背後にイランの存在を主張して[5][13]、アブカイク施設において損害を受けたのはその西面と北面で、南側に位置するフーシがドローン攻撃を実施するのは困難との観測を示した[14]。それに対しイランは、米国の主張は「盲目的で理解不能で無意味」であるとして関与を否定し[6]、米国に対して「全面戦争の準備はできている」と警告した[15]。, ミドル・イースト・アイは匿名のイラク情報当局者からの情報として、8月に行われたイスラエルによるイラク領内へのドローン攻撃をサウジアラビアが支援したことへの報復として、イラク南部の民兵の基地から攻撃が実施されたと伝えた[16]。イラク首相府は同国領内から攻撃が行われたことを否定し、領内からの他国への攻撃には断固として対処するとした[17]。, 2019年9月23日、イギリス、フランス、ドイツの三カ国首脳は、石油施設への攻撃はイランに責任があるとの見解を示すとともに、イランに対してイランの核開発問題核開発問題などの協議に応じるよう改めて呼び掛けた。同日、サウジアラビアは、石油施設攻撃に使われたとするミサイルの残骸の写真を公開した[18]。, サウジアラビア当局によれば、今回の攻撃により施設が閉鎖され、同国の石油生産量は日産980万バレルから約410万バレルに減少し、日産570万バレル、世界の1日の生産量の約5%を失った。プラントは2019年9月16日までに復旧する見込みで、それまでは不足分を備蓄油によって補填するという[5]。しかし同国の他の当局者は完全な復旧までに「数日ではなく数週間」かかる見込みであるとした[19]。ドナルド・トランプ米大統領はTwitterで、米軍は「すでに銃弾を込めている ("locked and loaded")」とし、サウジアラビアから調査結果が発表されるのを待っているところだとした[20]。, 9月15日、日曜の取引でサウジアラビアの株式は2.3%下落した[21]。 米国時間で9月15日夜に世界市場が開くとブレント原油の先物は20%近く急騰した[19]。これは1990年の湾岸危機以来の急騰であった[22]。他にも石油供給への懸念から米国でガソリン、暖房燃料[19]、金などに影響が出た[23]。トランプ米大統領は、米国の燃料価格を安定させるため戦略石油備蓄を放出することを決めた[19]。, Yemen's Houthi rebels launch drones on 2 big Saudi oil sites, Houthi drone attacks on 2 Saudi Aramco oil facilities spark fires, “Drone strikes set Saudi oil facilities ablaze”, https://www.bbc.com/news/world-middle-east-49699429, “Major Saudi Arabia oil facilities hit by Houthi drone strikes”, https://www.theguardian.com/world/2019/sep/14/major-saudi-arabia-oil-facilities-hit-by-drone-strikes, U.S. Blames Iran for Attack on Saudi Oil Facilities, “US blames Iran for attacks on Saudi oil facilities”, https://www.bbc.com/news/world-middle-east-49705197, Yemen's Houthi rebels claim a 'large-scale' drone attack on Saudi oil facilities, “How the UAE’s Chinese-Made Drone Is Changing the War in Yemen”, https://foreignpolicy.com/2018/04/27/drone-wars-how-the-uaes-chinese-made-drone-is-changing-the-war-in-yemen/, تعرف على طائرة "صمّاد 3" التي قصفت مطار أبو ظبي, The killer-drone parts available online for less than $600, Iran fired cruise missiles in attack on Saudi oil facility: Senior US official, The Latest: Trump calls Saudi crown prince after attack, Iran slams American "lies" after U.S. accuses it of "unprecedented attack" on Saudi oil, “Iran says it's ready for war with US after Saudi oil attack accusations”, https://news.sky.com/story/iran-says-its-ready-for-war-with-us-after-saudi-oil-attack-accusations-11810252, EXCLUSIVE: Iranian drones launched from Iraq carried out attacks on Saudi oil plants, Iraq Prime Minister: Iraq territory not used in Saudi attacks, “Oil Prices Surge 15% after Attack on Saudi Facilities Hits Global Supply”, https://www.reuters.com/article/us-global-oil/oil-prices-surge-15-after-attack-on-saudi-facilities-hits-global-supply-idUSKBN1W00UG, “Trump says U.S. 'locked and loaded' for potential response to Saudi...”, https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-attacks-idUSKBN1W00SA, Saudi stock market dives, crude futures to jump after drone attack on oil plants, “Oil prices soar after attacks halve Saudi output”, https://www.ft.com/content/353bce38-d806-11e9-8f9b-77216ebe1f17, Oil surges, stock futures slip after attack on Saudi facility, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サウジ石油施設攻撃&oldid=75395580. サウジアラビアの石油施設が攻撃されたニュースは、ただの爆破事故ではなく、国際問題に発展する極めて重要なこと。 日本への影響はもちろん。 戦争などを引き起こす恐れもあります! 46年ぶりに国王が来日したサウジアラビア。一般に、「脱石油」を目指した経済改革は、原油価格の低迷を背景に、石油枯渇後の国家維持を目的とするものと説明されることが多い。この説明は間違いでないが、極めて不十分な説明である。 サウジアラビアのイメージと言えば、「石油大国」ではないでしょうか?実際にサウジアラビアは、世界2位の原油埋蔵量を誇っています。日本との関係は良好であり、日本は輸入原油の約1/3をサウジアラビアから調達しているのです。 そんなサウジアラビアですが、石油依存の経済構造となっているとされており、今後その経済構造から脱却を目指しています。実は、サウジアラビアの石油依存の経済構造からの脱却は、日本に … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); サウジアラビアの石油施設攻撃は、イエメンを拠点に活動しているフーシ派が犯行声明を発表しました。, フーシ派は自ら手をあげて「空爆した!」と行っていますが、アメリカの主張はイランです。, しかしなぜ、フーシ派はサウジアラビアの石油施設を攻撃し、アメリカはイランを犯人にしようとしているのか?, サウジアラビア、フーシ派、アメリカ、イランの4つの関係を知ると、もっと理解していきます!, 今回のサウジアラビア石油施設攻撃は、かなり複雑な中東情勢を理解しないと把握できません!, イエメンには2つ分けられて、「ハーディー大統領政権」と「反政府組織フーシ派」が対立しています。, ハーディー大統領政権にはサウジアラビアが支援していて、逆にフーシ派にはイランが支援しています。, この関係をみてみると、 Aの番長(アメリカ)がBの番長(イラン)に「黒幕はお前だろ!!」と行っている意味がわかりますよね!, フーシ派によってサウジアラビアを攻撃しましたが、フーシ派の番長であるイランが後ろで手を引いてるのはなんとなくわかります。, 日本人には馴染みがないので「宗派の違いだけで殺しあうの?」と理解できないですよね!, 上記でも説明したように、簡単に説明するとAグループとBグループが喧嘩している訳ですね!, 今回の攻撃はフーシ派によるもので、イランも関与している背景があると思いますが、衝撃は政治的な意味においても大きかったです!, フーシ派を支援するイランは、核開発問題をめぐりトランプ政権から「最大限の圧力」を受けてきた。, アメリカ側は2015年の「イラン核合意」を一方的に破棄し、アメリカはイランに対し圧力をかけ続けていました。, しかし近年、アメリカのトランプ政権はイランに対しての圧力を緩和し、その行動でイランが少しでも考えが変わるのではないかと様子を見ていました。, アメリカは直接的なダメージではないが、周りから攻撃した『反発のメッセージ』といえますね!, 相手に侮られて不利な取引を結ぶことを避けるために、自らの存在感を大きく見せるため、あえて交渉決裂も辞さない行動に出ることは、交渉では珍しくない。, アメリカとの正面衝突を避けるために、フーシ派を使い、間接的なサウジアラビアの石油施設に攻撃したと言われています。, 「イラン核合意」を破棄して、ずっと圧力をかけ続けてきたアメリカが、圧力を緩めて、「ちょっとは仲良くしようよ」というサインを踏みにじった感じですね。, フーシ派はサウジアラビアの石油施設攻撃でアメリカに、下記のような事を思わせるための戦略ともいえます。, 直接的にアメリカの施設やアメリカ人を傷つけないで、周りから攻撃をして、無言のメッセージのようですね。, 世界では原油供給量の約5%にあたり、石油施設が攻撃されたので、石油が不足しますね。, 日本はサウジアラビアから最大4割は輸入しているので、結構な被害はあり、値段も高騰すると思います。, イエメンのハーデイ政権の支援をしていたサウジアラビアですが、以前からイエメン内戦にも手を貸していて、フーシ派に対してたびたび攻撃を繰り返していました。, フーシ派はこれまでにもしばしば、サウジの油田や国際空港などにドローンやロケットで攻撃してきた。, 過去の攻撃は場所の位置や規模が小さく、大きな被害はなかったのですが、今回の攻撃はインパクトが違いすぎて大きな被害に。, フーシ派は軍事力も弱く、今回の攻撃は破壊力が強すぎて「こんなミサイルや軍事力はあったか?」と言われています。, 今回の爆撃は、「距離」「精度」「規模」が過去の攻撃とはまったく次元の違うものだったと言われています。, イランはフーシ派と関係が深く、武装UAVだろうがミサイルだろうが、長距離攻撃能力の開発支援に重要な役割を果たしたことは、疑いようもない。, 国連安全保障理事会の専門家パネルは2018年に、フーシ派のUAV「カセフ1」とイラン製の「アバビルT」が非常に似通っていることを指摘している。, 専門家パネルという、『軍事武器の調査や監視する実行部隊』で、国の武器を監視したり調査したりする人のことを言います。, イランがフーシ派に武器の製造技術や部品などを、裏で手を引き行っているという事実があります。, 戦争の意志を伝えている感じもしますが、今後、戦争が起こらないことを祈るばかりです。, 芸能、スポーツ、音楽、グルメ、ファッション、経済、旅行、生活、俳優、女優などを発信する、エンターテイメント雑記ブログ。 サウジアラビアの石油もいつかは枯渇するという現実があり、また石油に変わるエネルギーが中心となれば石油に依存しなくてもよくなり石油の需要が減ります。このような見解からドバイと同じようように観光業に力を注ぐ国策が模索されています。 サウジアラビアは世界最大級の石油埋蔵量・生産量・輸出量を誇る石油大国 です。 輸出総額の約9割、財政収入の約8割が石油に依存しており、サウジアラビアは国際的原油市場に大きな影響を与える存在となっています。 サウジアラビアは石油産油量は多いが、降雨量は世界で3番目に低い国だ。 日本の年間降水量は1,668mmだが、サウジアラビアの年間降水量は59mm、最も低いのはサハラ砂漠を抱えるエジプト51mm、二番目はリビアで56mm (*1)だ。�

ミスミソウ 2巻 ネタバレ, ダイエー ホークス 歴代 キャッチャー, ウルトラマン ネタバレ 2020, マイボナ 棋譜データベース 更新, サッカー アプリ 実名, リング バースデイ 雅美役,

カテゴリー

PAGE TOP