ジャンドゥーヤ ガナッシュ レシピ, 芝浦工業大学 大宮キャンパス 学食, 鈴木亮平 英語 スピーチ, 警視庁 捜査一課長 最終回 ゲスト, よく 当たる 地方競馬予想, パワプロ2020 サクセス 天才, 神崎蘭子 フィギュア ゲーセン, ラファ イエット Rooms, 広島皆実高校 バスケ 2020, ...">

ブログ

8月15日 終戦記念日 なぜ

作戦を指揮した責任者の牟田口廉也中将を戦後、日本人自らの手で裁いたのか?, 1888年(明治21年)10月7日生まれ、1966年(昭和41年)8月2日没。享年77歳。日本の陸軍軍人。最終階級は中将。盧溝橋事件や、太平洋戦争(大東亜戦争)開戦時のマレー作戦や同戦争中のインパール作戦において部隊を指揮した人物。, 牟田口は戦後、東京都調布市で余生を過ごした。しばらくの間はインパール作戦に対する反省の弁を述べ、1960年(昭和35年)頃まで、敗戦の責任を強く感じて公式の席を遠慮し続けながら生活をしていた。, しかし、1962年(昭和37年)にアーサー・バーカー元イギリス軍中佐からインパール作戦成功の可能性に言及した書簡を受け取ったことを契機に、自己弁護活動を行うようになり、死去までの約4年間はインパール作戦失敗の責任を問われると戦時中と同様、「あれは私のせいではなく、部下の無能さのせいで失敗した」と頑なに自説を主張していたという。, 同様の主張は、多くの機会で繰り返されたという。恥を知る人間の所業とは思えない。 そして、8月15日を『戦歿者を追悼し平和を祈念する日』とするだけで良いのか?, 8月15は、間違いなく『終戦記念日』ではなく『敗戦記念日』である。 だから、やらない。戦争犯罪人を追及しない。 なぜなのか?この従順さはどこに由来しているのだろう。しかも、終戦記念日という事さえ知らぬ若者が増えているという。信じられない。, 又、内務省の発表によれば、戦死者は約212万人、空襲による死者は約24万人だったという。, 軍人、軍属、一般市民まで含めると、一説では300万人以上が犠牲になったと囁かれている。, 「史上最悪の作戦」と呼ばれたインドへの侵攻:『死のインパール作戦』は4ヵ月も続けられた。, 約9万人の兵力が投入され、戦死約2.6万人、戦病3万人以上、行方不明者は何万人に昇るのか?戦病者のほとんどは生還していない。, 戦後、慰霊式と平和資料館が現地に設立されたと聞くが、本当にこれだけで良かったのか?, 対日戦勝記念日とされる場合、通常は、大日本帝国政府が公式にポツダム宣言受諾による降伏文書に調印した1945年9月2日を指すことが多い。, ロシアに至っては、2010年、9月2日を「第二次世界大戦終結記念日」に指定。この他、独ソ戦の終結日である5月9日を「大祖国戦争終結記念日」(祝日)に指定している。, 1963(昭和38)年から毎年、政府主催による「全国戦没者追悼式」が行われ、正午から1分間、黙祷が捧げられる。, 高校野球でも、正午の時報直前にプレーを中断し、選手・観客らが1分間の黙祷を捧げる。, 米軍が主体で、米元帥のダグラス・マッカーサーが最高司令官となり、連合国軍総司令部(GHQ)は東京に置かれた。進駐軍とは他国に進駐している軍隊のこと。なぜ、占領軍でなく、一般的には進駐軍と呼ばれるのか?, 国家総動員法が発動されていたこの時期は、中学生になると勤労学徒として、各地の工場に派遣され、貴重な戦力として扱われていたのだ。, なぜなら、看視している警官が、子供の分の米の配給を横取りしていたというのだから驚かされた。, さらに、これほど戦災孤児の救済が遅れた原因の最大のものが、京都舞鶴港などに中国やシベリアからの引揚者増大だと事実にも驚かされた。, 満蒙開拓団で中国に入植し、ソ連の侵攻から逃れるために過酷な逃避行で命を落とした人の数も相当なものだろう。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). ・2005年『八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学』筑摩書房, *1:モンゴルに関しては記述がないが、9月3日はソビエト軍が北方領土を占領した日で戦勝記念日の休日とされていた。1980年には失効するものの、中ソ友好同盟相互援助条約を締結していた名残で中国もそれにならったのだろうと筆者は推測している。ただし、1990年代以降中国では、8月15日に政治イベントを移したり、教科書で登場させたりしている。これは、歴史認識を外交カードとして利用すためであろう。, Padaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 日本人だけが知らない世界の終戦記念日…世界の終戦記念日は8月15日ではなかった…日本の一般常識では1945年(昭和20年)8月15日に昭和天皇によって降伏を宣言した日を終戦記念日としている。 いってみれば8月15日は、単に日本が「まーけた!」といっただけにすぎない日なのだ。」とあり。 『戦後日本のメディア・イベント:1945-1960年』(津金澤聰廣編著 世界思想社 2002) p72-93「第4章 降伏記念日から終戦記念日へ」の章あり。  「8月15日は終戦記念日ではなかった!」という「驚きの事実」それ自体がキャッチーで興味を引く。しかし、そのことの提示だけでは「びっくり効果」(私の造語)をもたらすだけで、雑学として終わってしまう。しかし、そこで<にも関わらず>私達は8月15日を終戦記念日だと思っている「事実」に対して向き合うと、一つの社会の力学が見えてくるのである。佐藤の研究はそういうものである。そういう意味で彼の研究は要約が困難である。様々な要素が複雑に絡み合って成立する「8月15日=終戦記念日」神話を、単線で描くと多くの要素を無視することになるからである。 8月15日は天皇が戦争の終結を国民に告げた「終戦記念日」。 然し戦争に勝った日を記念日にする国家は在るかもしれない。 負けた日を記念日に制定する国家は珍しいのではなかろうか。 祝日にしたら諸外国からアホ呼ばわりされるだろうな。- 日本人にとって、「終戦の日」といえば8月15日だ。しかし、この日が世界的に見ても「終戦の日」は違うらしい…!?なんと8月15日を「終戦の日」としているのは、日本だけなのだ。戦争の終わりとは一体どうやって決まっているのだろうか? 日本の為政者は日本語の綾というか、曖昧さを包み込む言葉を見つけ出すのに才長けているように思える。都合の悪いことを国民に向かって説明する時には、うまくオブラートに包んだ言葉や表現に変えてしまい、抵抗感を失くし、統治をやりやすくしている。言葉を置き換えてしまうことで、どれだけ史実が歪められ、事の本質が覆い隠されてきたか、測り知れない様に思う。, 1945年8月15日、日本では一般に【終戦記念日】と言われる。なぜか、【敗戦記念日】とは言わない。日本国民もあえて異議を唱えない。 国家総動員法が発動されていたこの時期は、中学生になると勤労学徒として、各地の工場に派遣され、貴重な戦力として扱われていたのだ。, その勤労学徒生になるために、3月9日に小学校の卒業式が多く行われ、4~5万人の小学6年生が東京に疎開先から戻っていたというのだ。, これで腑に落ちた。 鉄格子の中、一畳に3人位が押し込まれる程の酷さ。, 子供は食を求めて町に脱走する。 8月15日はお盆であると同時に、 終戦記念日でもあります。 ところがこの終戦記念日。 もともとお盆休みと重なることや、 学生などが夏休み中ということで 気にする人も少ないのですが、 祝日ではないんですよね。 では一体どう […] なぜなのか?この従順さはどこに由来しているのだろう。しかも、終戦記念日という事さえ知らぬ若者が増えているという。信じられない。, 1945年8月15日、当時唯一の放送局だった社団法人日本放送協会から、昭和天皇による「戦争終結の詔書」が朗読放送(玉音放送)され、この放送で国民は、太平洋戦争における日本の敗戦を知ることになります。, 1945(昭和20)年8月14日、政府はポツダム宣言を受諾。翌15日の正午、昭和天皇による玉音放送によって日本が無条件降伏したことが国民に伝えられ、第二次世界大戦が終結。, このサイトは、終戦を知らせる「玉音放送」中に録画された貴重な映像が公開されています。 8月は終戦記念日がやってきます。終戦記念日というのはあくまで俗称で正確な名称は「戦没者を追悼し平和を祈念する日」です。8月13日~8月16日のお盆休みと重なることや、小中高生にとっては夏休み真っ盛りなのであまり気に留めることはないのですが祝 もう外国へ遺骨収集に行ける歳ではあるまい。, 第二次世界大戦後の極東国際軍事裁判で文官としては唯一のA級戦犯として有罪判決を受け死刑となった「廣田 弘毅」氏の名誉は回復されたのか?   皆目、分からない。政府の取る行動が・・・。なぜ、彼が死なねばならなかったのか?どうみても筋違いではないか!, 後、一体何十万人の日本人の遺骨が海外に埋まっているのか? 8月15日、今年も巡ってくる終戦記念日。私たちはその「日付や名称」について疑問を持つことはあまりありませんが、どうやら日本と世界各国との間には大きなズレがあるようです。メルマガ『きっこのメルマガ』を発行する人気ブロガーの… 収集できる目途は立っているのか?, 各国における第二次世界大戦の終結(終戦)を記念する日については異なっている。 高校野球でも、正午の時報直前にプレーを中断し、選手・観客らが1分間の黙祷を捧げる。 なぜ、これほどまでにアメリカに迎合したのか、また迎合し続けるのか。, 日米対戦で兵力、装備、資源と全てにおいて優っていた超大国アメリカ相手に日本軍と日本人は果敢に、そして徹底的に戦った。特攻作戦は米軍に恐怖心まで抱かせた。, 酷い作戦だった、残酷極まりない作戦だったと思うのだが、「万歳突撃」「神風特攻」まで行ったのは、古今東西、世界中探しても日本以外にはなかったのでは?, 単純に批判出来ない。 必見の価値ありと思います。しかし、本当に何人の日本人が玉音放送の意味を理解していたのでしょうか?, 当時の日本では、大半の人達が尋常高等小学校卒だったはずです。 . 恐らく8月15日を終戦記念日にしているのは、日本だけではないのか?, 対日戦勝記念日とされる場合、通常は、大日本帝国政府が公式にポツダム宣言受諾による降伏文書に調印した1945年9月2日を指すことが多い。 8月15日は終戦記念日でした。平和が1番。戦争はいけないこと。わかっているけど世界から争い事が絶えないのはどうしてでしょうか? 2018/08/20 勉強になったこと; 愛の反対は憎しみではありません。それは愛がないことです。無関心であることです。 内務省の発表した数字は低過ぎやしないか?その意図するところは、一体何なのか?, 戦死者が212万人だって!?少な過ぎるでしょう。 軍人、軍属、一般市民まで含めると、一説では300万人以上が犠牲になったと囁かれている。, なぜ、数字が不正確なのか?誤魔化そうとしているのか?それが分からない。 終戦記念日が8月15日なのは、 日本だけということを あなたは知っていますか? 第二次世界大戦の終戦は? という学生時代のテストの問題に、 1945年8月15日! と回答していた私としては、 どうしてほかの国と終戦記念日 […] 終戦75年の節目です。平和への思いを若い世代へ . 日本は、戦後、軍隊を持たず高度経済成長を突っ走り、世界第二位の経済大国にまでなった。, この間に失われた日本人の神髄というか、戦前の日本人が矜持として保っていた精神性まで失くしてしまったのではないか? 1966年(昭和41年)8月に死去。兵士たちへの謝罪の言葉は死ぬまで無かったという。 デジタル大辞泉 - 終戦記念日の用語解説 - 昭和20年(1945)8月15日に第二次大戦が終結したことを記念する日。昭和57年(1982)には、この日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定された。《季 秋》 ソ連の対日宣戦布告が8月8日。ポツダム宣言後、日本が降伏すると分かっていて侵攻作戦を開始した。悪質だ。, しかし、アメリカが、8月6日広島市と8月9日長崎市に原爆を投下したのも、ソ連の侵攻と無関係の訳がない。ソ連参戦で日本が降伏した訳ではない。飽くまでアメリカの力で日本が降伏したと内外に知らしめるための悪魔の所業だ。許される行為ではない。, 中華人民共和国と中華民国(台湾)では、旧ソ連と同じく、9月3日を「軍人節」や「抗日戦争勝利の日」としている。2005年9月3日、北京の人民大会堂で抗日戦争勝利60周年記念式典が開かれた。, 日本政府は、8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とし、全国戦没者追悼式を主催している。一般にも同日は終戦記念日や終戦の日と称され、政治団体・非営利団体(NPO)等による平和集会が開かれている。, 1963(昭和38)年から毎年、政府主催による「全国戦没者追悼式」が行われ、正午から1分間、黙祷が捧げられる。 終戦記念日の由来と面白い雑学を紹介!8月15日の朝礼に使えるスピーチのネタとして今日は何の日?の情報をお届けします。昭和天皇により日本が無条件降伏したことが国民に伝えられたことが由来となっています。また「サランラップは戦 | 戦犯の処理はGHQの独断と偏見だけで終わらせ、日本人自らの手で裁いていない。, 何もかも曖昧なままで済ませている。 , ほとんどの日本人が聞き取り辛く、かつ難しい言葉遣いの玉音放送をどこまで分かっていたのかは、かなり疑問です。, 又、内務省の発表によれば、戦死者は約212万人、空襲による死者は約24万人だったという。 毎年8月15日の正午に「全国戦没者追悼式」というものがあり、みんなが黙祷をされます。 その終戦記念日の「8月15日」に家族みんなで、 毎年 、黙祷をしていたら、 子供達も「8月15日は終戦記念日だ!」ということを覚えてくれると思いますよ。 もっともA級戦犯だった岸信介が減刑され、政界に復帰できたぐらいだから、どこまでもアメリカに都合の良いように日本と日本人が扱われて来たのかは、一目瞭然だ。, このままで良いのだろうか?甚だ疑問だ。 慰霊の催しが各地で行われる8月15日の終戦の日。法律的には別の日を終戦の日と考えることもできます。なぜ8月15日が定着したので … この認識のズレは大きいのではないか?, アメリカ合衆国、イギリス、フランス、カナダ、ロシアでは、9月2日を対日勝戦記念日(英語版:Victory over Japan Day)と呼んでいる。      当時のアメリカ合衆国大統領トルーマンは、降伏文書に調印した9月2日を「V-J Day」として宣言した。, この日は東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリにおいて、日本側を代表して重光葵外相、梅津美治郎参謀総長、連合国を代表して連合国最高司令官のマッカーサー元帥が署名した。, アメリカ合衆国では1995年9月2日に、対日戦勝50周年を記念して、記念切手が発行されたぐらいだ。ただし、州レベルでは8月14日や8月15日とされることも多いと聞く。, 各国では9月2日に、銀貨を発行したり、式典を行ったりしている。 「8月15日=終戦」なぜ定着?法的に別の候補日も 玉音放送の存在 . 8月15日は終戦記念日~戦争している国同士のトップがみんなイルミナティの仲間だった!日本は明治維新から既にイルミナティ傀儡国家だった!管理人今日、8月15日は… 命からがら、やっと日本に帰国した引揚者の数は約630万人だという。 アメリカ軍は『進駐軍』でなく『占領軍』。昔から感じていたこの違和感!如何ともし難い。, 第一、 内務省の発表した戦死者等の数字は、本当に正確な数字なのでしょうか? 日本人の多くは8月15日が終戦記念日と記憶している。しかし、この日は国際法上はまったく意味を持たない日である。国際的には降伏文書が調印された9月2日が「戦勝記念日」と設定されている。ではなぜ、8月15日が終戦記念日として日本人に記憶されるようになったのか、この問いに答えようとしたのが日本を代表するメディア研究者、佐藤卓巳である。, 彼の著書『八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学』(2005年 ちくま新書)は、タイトル通りこの問題を取り扱ったもので、非常におもしろいので興味のある方は一読をお勧めする。本当はこの本を使って、なにか書こうと思ったのだが、なぜか見つからなかったので、かわりに『メディア社会』(2006)と『輿論と世論』(2008)の中のこの問題を扱った箇所を拾って、紹介したい。(←てきとー), 佐藤は「記憶と忘却」に大きな関心を持っており、特に戦前と戦後の間の「断絶」と「連続」が彼の研究の軸となっている。当然「八月十五日の神話」も、この問題関心の上にある。彼によれば、「八月十五日の神話」は、戦前・戦後を断絶したものと考える"断絶史観"に寄与しているというのだ。このことを含めて、簡単に紹介したい。, ▲8月15日とはどのような日か ブログを報告する, ラジオは、「内容を伝える」活字メディアと異なり、「印象を表現する」特性が強い。8月15日の, 日本社会・メディアには戦前と戦後に「断絶」があるとする断絶史観が普及しているが、このことは戦前と戦後にある「連続性」を忘却あるいは隠蔽する。だが、戦前と戦後はそれほど断絶しているのだろうか。佐藤の答えは否である。, 「一九四五年八月一五日を境に変化したメディアは、新聞、放送、出版など、どの分野にも存在しない」, それも集合的な記憶が形成されていく過程、あるいは忘却されていく過程を描くことによって、「他でもあり得た現実」がなぜそうなっているのかを示した. 終戦記念日とは、第二次世界大戦が終結したことを記念する日の事を言います。日本の終戦記念日は8月15日となっていますが、なぜこの日が終戦記念日となったのでしょうか。 第二次世界大戦中、日本は真珠湾攻撃を皮きりに始まった太平洋戦争の真っただ中でした。その後勢いに乗り太平洋の島々を占拠していった日本ですが、1942年に起こったミッドウェーでの海戦を機に戦況は少しずつ悪くなっていきます。物資も乏しくな … ハスっこい子は盗みに走る。, GHQの指示で、竹格子の柵を作っても、脱走する子供が後を絶たない。 毎年8月15日はお盆であり、同時に終戦記念日でもあります。 お盆と終戦記念日が同じ時期であることに、何か関係はあるのでしょうか? どちらも死者を弔う意味が込められているので、関連があるようにも思えるのですが、結論から言ってしまうと、この2つの行事は無関係。 終戦記念日が8月15日なのは、 日本だけということを あなたは知っていますか? 第二次世界大戦の終戦は? という学生時代のテストの問題に、 1945年8月15日! と回答していた私としては、 どうしてほかの国と終戦記念日 […] それをGHQの指示とは言え、容赦のない狩り込みを行い、12.3万人の子供が施設に収容されたという。 当時の長崎市の人口が25万人と伝えられているが、それが15万人に減ったとも言われている。 終戦記念日とはいつ?意味や由来は? 「終戦記念日」とは、毎年8月15日 にあります。. シベリア抑留で命を落とした日本人は一体、何万人なのか・・・。, 満蒙開拓団で中国に入植し、ソ連の侵攻から逃れるために過酷な逃避行で命を落とした人の数も相当なものだろう。 勝負は自ずから決まっている。反省すべき点は多々残されている。, 何十年経っても忘れてはいけない出来事だ。 結果的に、真珠湾攻撃が宣戦布告なき卑怯な不意打ちに終わってしまったが、2発も広島、長崎に原爆を投下した「アメリカの悪魔の所業」は断じて同次元には語れるものではないし、許されるものではない。, 1945年3月10日、無差別に東京を約300機のB-29が低空飛行で飛来し、何万トンと焼夷弾をばら撒き、10万人以上の無辜な市民を焼殺した。ベトナムのナパーム弾に繋がる慈悲無き行為だ。人種差別に繋がる思想だ。, この年になっても、まだ知らない事があったかと・・・。 さて、私の疑問であったのが、なぜ8月15日が「終戦記念日」になったのか、ということでありました。私も毎年、両親の実家である群馬県にお盆には必ずいっていたのですが、8月15日には、戦争の話で、皆が大変な思いをした、とよく聞きました。 8月4日に行われた自らの葬儀においても、遺言により自説を記したパンフレットを参列者に対して配布させたという。呆れた男である。墓所は多磨霊園。, この男を日本政府は断罪しようともしていない。日本人を何万人殺した戦犯なのか? (1)8月15日を「終戦」記念日と呼ぶ事は変ではないでしょうか 8月15日 玉音放送のあった日が、 「日本人が戦争が終わったことを知らしめる日」になったからではないでしょうか。 (2)独立記念日(主権回復記念日)を設けないのはなぜでしょうか 8月15日を「終戦記念日」とする姿勢からは、客観的事実よりも自分たちの心情を優先する日本人の傾向が読み取れるのではないでしょうか。これが日本国内だけのことであれば、自分たちの感情を優先して決めてもいいかもしれません。しかし、戦争は国際的に起こるものです。相手がいる話ですから、自分たちの一方的な気持ちで国内向けの「終戦記念日」にばかり目を向け、本当の「終戦日」のことはほとんど忘れている、そのようなことでよいとは思えません。 終戦記念日は、戦争の「ゴール」(日本 … 2019年8月15日は新しい元号「令和」初の終戦記念日である。終戦から74回目の8月15日。とりわけ8月に入ると日本では、広島と長崎の原爆記念日、そして終戦記念日とあるので日本のテレビでは今年なら終戦から74年、といったあの戦争を忘れないための特番が放送される。新聞も同様だ。 台湾では類似の報道を見かけることはない。たとえば、今年8月8日には台湾東北部を震源とする地震があり、その日から8月9日にかけては台 … では、なぜ、いかにして8月15日が終戦記念日となったのだろうか。 8月15日が終戦記念日になる時 佐藤は、 進歩派と保守派の利害が一致した「記憶の五五年体制」によって8月15日と終戦記念日の結び付きが成立 したと論じている。 1945年8月15日正午に昭和天皇が朗読した「大東亜戦争終結の詔書」がラジオで玉音放送され国民に戦争終結が伝 … 終戦記念日がお盆と被るから 終戦記念日である8月15日は 丁度お盆の期間となります。 お盆の期間になりますと 基本的にはどこも休業します。 なので 終戦記念日を祝日にする理由が 特にない という事にな … 「史上最悪の作戦」と呼ばれたインドへの侵攻:『死のインパール作戦』は4ヵ月も続けられた。, 約9万人の兵力が投入され、戦死約2.6万人、戦病3万人以上、行方不明者は何万人に昇るのか?戦病者のほとんどは生還していない。 なぜなら、看視している警官が、子供の分の米の配給を横取りしていたというのだから驚かされた。 もう一度、日本人自らの手で裁くべき歴史的事実だと思う。, 認知症を発症した高齢者の親の介護は本当に大変です。介護の担い手が第一義的に親族であるという今の制度はあまりにも無理があります。今後増大してゆく一方の老々介護、認認介護はもう社会全体で受け入れ体制を整備する時期に来ているのではないでしょうか?. 8月15日は日本では「終戦記念日」で、政府主催の全国戦没者追悼式がありますが、全世界各国には「終戦記念日」「全国戦没者追悼式」があるのでしょうか?特に、アメリカ・イギリス・中国・韓国・ドイツやロシアなどどうしているんでし 今回は 「終戦記念日」 について解説していきます! なぜ8月15日が「終戦記念日」なのかというと、1945年8月15日正午に 昭和天皇による玉音放送によって日本が無条件降伏したことが国民に伝えられたことが由来 となっています。. こんな行為だけで贖罪されるのか。, 終戦と敢えて言葉を置き換え、責任の所在を明らかにしない。 8月15日、日本の終戦記念日の2日後8月17日はインドネシアの独立記念日です。日本も大きくかかわっており、ぼくもですがインドネシアに住む日本人にとって何かと考えさせられる時期じゃないでしょうか。 今回はインドネシアの独立と日本の独立支援にフォーカスしてしてみようと思います。 なぜ 8月15日が. 見終わって、暫く椅子から立ち上がれなかった。, 630万人と12.3万人! 1945年(昭和20年)8月15日正午、昭和天皇によるラジオの玉音放送によって日本がポツダム宣言を受諾し、無条件降伏したことが国民に伝えられました。 全国戦没者追悼式の開催(8月15日) 2019 All Rights Reserved. 1982年4月の閣議決定では、8月15日を『戦歿者を追悼し平和を祈念する日』としたが・・・。, あえて『敗戦記念日』ではなく『終戦記念日』と呼称した意味は何なのか? 終戦記念日なのか?? 日本人だけが8月15日を 「終戦日」とする謎 各国の思惑で終戦日は こんなにも違う! 府中市広報 <8月15日は終戦記念日です> ウソつけ! 大本営発表! 現代に続く・・・・。 国民は騙されている。 ・2006年『メディア社会――現代を読み解く視点』岩波書店, ・2002年「降伏記念日から終戦記念日へ―記憶のメディア・イベント」津金澤聡廣編『戦後日本のメディア・イベント』世界思想社  では、なぜ、いかにして8月15日が終戦記念日となったのだろうか。, ▲8月15日が終戦記念日になる時 私は8月15日になると不機嫌になる。それは、「終戦記念日」という言葉とともに、「繰り返してはならない悲惨な戦争」という論調がメディアに溢れるからである。それも、日本国と日本国民が、その責を負うべきであるかのごとき論調が・・・8月15日は「終戦記念日」なんかではない。  メディア研究者である佐藤は、この神話形成にラジオというメディアが寄与した役割について考える。佐藤によればラジオは、「内容を伝える」活字メディアと異なり、「印象を表現する」特性が強い。8月15日の玉音放送の際も、人々は「内容」より「印象」に集中し、その「印象」が神話形成を後押しした。「詔書」は一般国民には難解な漢文体で、理解することは難しい。実際、玉音放送を聞いた人は内容は理解できなかったと回想している。そのために、玉音放送では天皇による詔書の朗読(4分27秒)の後、再朗読を含め32分ものアナウンサーによる解説が続く。人々はこの解説部分でその「内容」を理解したはずである。しかし、人々の記憶に残っているのは天皇による朗読の部分、すなわち「印象」の部分だけで、解説の部分、つまり「内容」の部分はすっかり忘れられてしまっている。 「皆様御起立を願います」ではじまる玉音放送は「儀式」としての性格を持っていた。儀式へ国民全体で参加した、という直接的な感覚こそが、「集合的記憶」として人々に残ったのである。, この体験を増幅させ、強化したのが新聞、雑誌などのメディアであった。先に述べたように、「終戦詔書」の原稿は14日には完成していたし、また、この原稿は14日の深夜には新聞記者団に配布されていた。しかし、玉音放送まで配達は禁じられ、15日の午後、玉音放送終了とともに配達されるに至る。ここで奇妙な事がおこる。14日の深夜に制作されたはずの新聞に玉音放送を聞く国民達の様子が描かれているのである。14日の時点で玉音放送を聞く国民達の様子の原稿がかかれていたということであるが、要するに、戦後の国民がふるまうべきモデルはすでに「戦中」に準備され、それが玉音放送終了と同時に配られ、人々に提示されたのである。, 佐藤はアメリカと日本を対比させ、興味深いことを述べている。アメリカ側の歴史では、日本の「対米覚書」(最後通牒)によって戦争が開始され、降伏文書で戦争が終わった。文書主義的歴史観である。一方、日本では、12月8日に国民に向けたラジオの臨時ニュースで戦争は始まり、やはり国民に向けた玉音放送で終わった。音声主義的に歴史が語られるのである。, ▲断絶と連続 国際的には降伏文書が調印された9月2日が「戦勝記念日」と設定されている。ではなぜ、8月15日が終戦記念日として日本人に記憶されるようになったのか、この問いに答えようとしたのが日本を代表するメディア研究者、佐藤卓巳である。 戦後、上野の地下道に、あれほど多くの戦災孤児が集まっていたのが・・・。, あの子供たちは、全国から飢えから逃れるために集まって来ていたのか!? (1)8月15日を「終戦」記念日と呼ぶ事は変ではないでしょうか 8月15日 玉音放送のあった日が、 「日本人が戦争が終わったことを知らしめる日」になったからではないでしょうか。 (2)独立記念日(主権回復記念日)を設けないのはなぜでしょうか  「他でもありえた現実」は私達の社会に無数にころがっている。というか、ほとんどの事柄に必然性はない。では、それを成り立たせているものはなんなのだろうか、それが当たり前になるのにどのような経緯があり、どのような要素がからんでいたか、このような問いのたて方は社会学が得意とするものである。絡まった糸をほどくように社会現象をみることで、強固に見えていたものが実はぎりぎりのところで成り立っていることがわかってくる。そこから有効な実践の方法も見えてくる。もちろん時に、その作業は社会の強固さを確認させることもあるだろう。その場合にも、なぜ強固なのかの理解につながり、実践にも展開していくだろう。いずれにせよ、佐藤の研究は社会学の面白い部分を見せてくれる、私にとって好きな研究である。, ・2008年『輿論と世論――日本的民意の系譜学』新潮社 いってみれば8月15日は、単に日本が「まーけた!」といっただけにすぎない日なのだ。」とあり。 『戦後日本のメディア・イベント:1945-1960年』(津金澤聰廣編著 世界思想社 2002) p72-93「第4章 降伏記念日から終戦記念日へ」の章あり。 米軍が主体で、米元帥のダグラス・マッカーサーが最高司令官となり、連合国軍総司令部(GHQ)は東京に置かれた。進駐軍とは他国に進駐している軍隊のこと。なぜ、占領軍でなく、一般的には進駐軍と呼ばれるのか?, 52年4月のサンフランシスコ講和条約発効により日本が主権を回復し、進駐が終了する。京都には米軍が駐留した。言葉を置き換えたのは明白だ。   占領されているという感覚を薄めるためだ。「an army of occupation」:第一義的には「占領軍」と訳される。進駐軍と訳されるのは、かなり日本独自ではないのか?, 一部にはイギリス連邦軍の参加があったが,実質的には日本占領にあたったのはアメリカ軍であった。この〈占領軍〉は〈進駐軍〉とも呼ばれた。なぜか、占領軍と呼ばれることは敢えて避けた。, また46年2月から,連合国の対日占領の最高機関として11ヵ国(1949年以降は13ヵ国)からなる極東委員会がワシントンに設けられ,さらに東京に最高司令官の諮問機関として米英中ソの4ヵ国からなる対日理事会が設けられた。, しかし、いずれもその権限は形式的で,実質的にはアメリカの単独占領であり,アメリカの対日占領政策が占領政策を左右した。, 52年にアメリカの占領が終わった時、呼び方を変えるべきではなかったのか? 8月15日は何の日?なぜ終戦記念日? 1945年8月15日、日本では一般に【 終戦記念日 】と言われる。 なぜか、【 敗戦記念日 】とは言わない。日本国民もあえて異議を唱えない。 なぜなのか?この従順さはどこに由来しているのだろう。しかも、終戦記念日という事さえ知らぬ若者が増えているという。信じら … 毎年8月15日の正午に「全国戦没者追悼式」というものがあり、みんなが黙祷をされます。 その終戦記念日の「8月15日」に家族みんなで、 毎年 、黙祷をしていたら、 子供達も「8月15日は終戦記念日だ!」ということを覚えてくれると思いますよ。 8月15日は終戦記念日. 日本の降伏(にっぽんのこうふく、にほんのこうふく)とは、通常、第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の大日本帝国による「ポツダム宣言」受諾(1945年8月14日)から降伏文書署名(同年9月2日)に至るまでの過程を指す。 以下、日本及びその各占領地における経過を説明する。 なぜ 8月15日が. 推定310万人もの戦没者が出た日本では、戦後同じ過ちを繰り返さないように平和維持が務められてきました!. 一方で、外国で亡くなった軍人や一般人の遺骨収集などは、あまりに無関心過ぎたのでは?, シベリア抑留で亡くなった方々の遺骨は、一体何万体ぐらい収集できたのか? ・2003年「戦後世論の古層―お盆ラジオと玉音放送」佐藤卓巳編『戦後世論のメディア社会学』柏書房 終戦記念日なのか?? 日本人だけが8月15日を 「終戦日」とする謎 各国の思惑で終戦日は こんなにも違う! 府中市広報 <8月15日は終戦記念日です> ウソつけ! 大本営発表! 現代に続く・・・・。 国民は騙されている。 うずらのたまご 8月15日、今年も巡ってくる終戦記念日。私たちはその「日付や名称」について疑問を持つことはあまりありませんが、どうやら日本と世界各国との間には大きなズレがあるようです。メルマガ『きっこのメルマガ』を発行する人気ブロガーの… 私は8月15日になると不機嫌になる。それは、「終戦記念日」という言葉とともに、「繰り返してはならない悲惨な戦争」という論調がメディアに溢れるからである。それも、日本国と日本国民が、その責を負うべきであるかのごとき論調が・・・8月15日は「終戦記念日」なんかではない。 そして、遺族の高齢化は急速に進んでいる。 終戦記念日8月15日の靖国神社で初めて参拝してみた(オマケ:遊就館見学) 2013年8月30日 2019年8月14日. 1945年3月10日深夜の『東京大空襲』では10万人以上の人が犠牲になったと言われています。 「8月15日=終戦」なぜ定着?法的に別の候補日も 玉音放送の存在 . 小学生は、皆学童疎開していたはずだ。, しかし、現実には3月10日の空襲で、多くの小学6年生が死んだと報道されていた。 1945年3月10日の「東京大空襲」のとき、なぜ多くの子供が亡くなったのか? なぜ8月15日が終戦記念日? 終戦記念日は 1945年8月15日に第二次世界大戦が終結したことを記念して 1982年に 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」として制定されました。 なぜ8月15日が終戦記念日なのか。 第二次世界大戦で原爆が日本に投下されてから ロシアに至っては、2010年、9月2日を「第二次世界大戦終結記念日」に指定。この他、独ソ戦の終結日である5月9日を「大祖国戦争終結記念日」(祝日)に指定している。, 旧ソ連から政権を受け継いだロシア連邦共和国議会が、9月2日を「第二次世界大戦が終結した日」と制定する法案を可決。第二次世界大戦を連合国として戦った国とアピールすると同時に対日戦で行なった戦争行為を帳消しとし、北方領土の実効支配を正当化できるという計算があったと考えられる。, この辺の認識がないと、北方領土の返還交渉など絵にかいた餅に終わる可能性が高い。 凄まじい数だ。, 当時の日本国の人口が7400万人ぐらいと聞いている。  最初に述べたように、「8月15日=終戦記念日」は決して必然性のあるものではない。日本政府がポツダム宣言受諾を英米に回答したのは8月14日。「大東亜戦争終結ノ詔書」が書かれたのもこの日である。大本営が陸海軍へ停戦命令をだしたのは8月16日。「終戦日」の設定としてグローバルスタンダードになっているのは休戦協定が結ばれた日である。先の戦争の場合9月2日であるため、これに従って多くの国は9月2日を「VJデイ」(対日戦争記念日)としている(旧ソ連、中国、モンゴルは9月3日*1)。東南アジアの諸国も日本軍の武装解除の日、すなわち九月を終戦としている。8月15日という日は、前日に録音された天皇による「終戦の詔書」朗読が日本国民向けてラジオ放送された日でしかない。, 戦後しばらくは新聞、雑誌、ラジオ等でも、ポツダム宣言受諾の日である8月14日が終戦の日とされていた。しかし、占領が終了後、終戦10周年のイベントが行われた1955年ごろから8月15日の「玉音体験」が神話化されはじめ、そして1963年、第二次池田勇人内閣で「全国戦没者追悼式実施要綱」が閣議決定されて8月15日が法的に終戦記念日となったのである。8月15日と終戦記念日の結びつけは根拠がないだけでなく、歴史も浅いものであった。 さらに、これほど戦災孤児の救済が遅れた原因の最大のものが、京都舞鶴港などに中国やシベリアからの引揚者増大だと事実にも驚かされた。  『中部日本新聞』1945年8月15日付 第二面, 溢れる涙、とめどなく流れ落ちる熱い涙、ああけふ昭和二十年八月十五日、「朕ハ(中略)」との大詔を拝し、大君の在します宮居のほとり、濠端に額づき、私は玉砂利を涙に濡らした、唇をかみしめつ、またかみしめつ、道行く兵隊の姿を見ては胸かきむしられ… 8月15日は終戦記念日でもあります。終戦記念日で、戦争で亡くなられた方を悼み黙祷を捧げる時間です。サイレン自体を鳴らす事自体は戦争と直接関係がありませんが、正午の黙祷の時間は、戦後から故人の冥福を祈り黙祷する時間として儲けられるようになったのです。  『京都新聞』1945年8月15日付 号外第二面, …二重橋前に額づき暗雲の中に宮城を仄かに拝すればいかに堪へんとしても熱涙は滂沱と落ち頸を低く深く垂れるばかりである。陛下 御許しくださいませ、われらは至りませんでした! 日本人自らの手で裁こうとはしないのか。, 1945年8月の終戦後、日本を占領した連合国軍を指す。 1945年8月15日正午、昭和天皇はラジオを通じ、日本の降伏を国民に伝えた。満州事変から日中戦争、太平洋戦争へと拡大した戦争は15年におよんだ。 本日8月15日は終戦記念日。2020年で戦後75年が経った。今年38歳である私(中澤)は、生まれた時点で戦後37年が経過しており、親も戦争の世代ではない。しかし、私にはこ … その1割近い人の数が一気に引き上げて来たのだ。, しかし、シベリアなどに抑留されても帰国できた人は、まだ幸せな方だろう。 10万人?20万人?いや、正確な数字が分かっていない。では戦後、どれだけの調査をしたのか?, 8月9日に、長崎に投下された原子爆弾では何万人が亡くなったのか? タバコ拾い、闇屋の手伝い、露天の手伝い、果ては物乞い。 戦後、慰霊式と平和資料館が現地に設立されたと聞くが、本当にこれだけで良かったのか?, 亡くなった軍人たちの遺骨は、どこまで収集できたのか?  最初に、戦前と戦後の間の「断絶」と「連続」が佐藤の研究の大きな軸であると述べた。佐藤によれば、日本社会・メディアには戦前と戦後に「断絶」があるとする断絶史観が普及しているが、このことは戦前と戦後にある「連続性」を忘却あるいは隠蔽する。だが、戦前と戦後はそれほど断絶しているのだろうか。佐藤の答えは否である。佐藤は様々な事例を挙げ、そのことを例証する。 これまで述べてきた「八月一五日の神話」はまさにその「断絶」の恣意性を示すものの一つであった。, 先に、戦後の出発点は戦前に作られていたことを紹介したが、このことは開戦時の世論動員が戦後も連続していくことを示唆していたと解釈することも可能である。『京都新聞』『中部日本新聞』『朝日新聞』などには14日に作られた、玉音放送を聞いて泣き崩れる人々の様子が描かれている。, …御詔勅を拝し二重橋の前にぬかづく赤子の群は頭を深く垂れ滂沱として押へる泪、ああ何の顔あつて頭を上げん「陛下御許しくださいませ、我ら足りませんでした」頭はほとばしる泪の裡に深く垂れるばかりである。 突き詰めて行けば天皇制度にまで至る可能性が無きにしも非ず。  『朝日新聞』1945年8月15日 第二面, このほか朝日新聞(大阪本社版)や同盟通信社は、宮城前広場で土下座する人々の写真も掲載しているが、これも当然玉音放送前にとられたものである。しかも、その写真の構図は、宣戦布告の朝、宮城に土下座する人々を取ったものと酷似しているのである。佐藤が伝えたいことは、新聞社による「ねつ造」を糾弾することではなく、「世論動員」や「情報統制」といったメディアの性格の連続性だ。「一九四五年八月一五日を境に変化したメディアは、新聞、放送、出版など、どの分野にも存在しない」のである。ここでは終戦直後の例しか扱わないが、このメディアの性格はその後も続いていくことを佐藤は例証している。また、同様に、高度国防体制から高度経済成長へと続く国民の「心性」の連続性も検証する。佐藤は言う、総動員体制は今なお続いている、と。, 最後に、佐藤が折口信夫の祝詞に関する戦前の研究(1935「上世日本の文学」)から引用しているものを孫引きする。非常に示唆的である。, 天子が祝詞を下される。すると世の中が一転して元の世の中に戻り、何もかも初めの世界に返つて了ふ。此が古代人の考え方であつた。(中略)天子は、暦を自由にする御力で人民に臨んで居られる、此が日本古代人の考へ方であつた。天子の御言葉で世の中の総べてのものが元に戻り、新たなる第一歩を踏むのである, ●感想 慰霊の催しが各地で行われる8月15日の終戦の日。法律的には別の日を終戦の日と考えることもできます。なぜ8月15日が定着したので … 8月15日 と言えば、 第二次世界大戦で日本が無条件降伏(ポツダム宣言)を受け入れ戦争が終結した日 です!. 誰もが生きるのに必死だった時代とは言え、これは惨すぎる。, 今の北朝鮮を笑えない。 1945年8月15日正午、昭和天皇はラジオを通じ、日本の降伏を国民に伝えた。満州事変から日中戦争、太平洋戦争へと拡大した戦争は15年におよんだ。 Copyright© では、10万人の方々が犠牲になられたのか?それも分かっていない。正確に調べられていない。, 単純計算で控えめに計算しても、この三つの戦禍だけで30万人以上になるはず! 「・・・耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び・・・以て万世のために太平を開かんと欲す。」などと、こんな難しい言葉遣いをあの時の放送でどれだけの人が理解できたのでしょうか?, 大多数は周りの雰囲気につられて、ひれ伏して泣いていただけなのでは? あそこまで追い詰められれば、何処の国だって戦争を起こすのではないか?, 所詮、遅れてきた国通しの植民地獲得戦争だった訳で、資源のない日本が鉄や石油という軍備に最低限、必要な輸入をストップされれば海外に侵略せざるを得ない。, 戦争になるように、徹底的に追い込んできたのはアメリカの方ではないか。 途中の大河を渡れず、溺れ死んだ女性、子供、老人は何百、何千人だろうか?, テレビを観ているだけで、自分の無知が恥ずかしくなった。 「8月15日 終戦記念日」。今年は夏の全国高校野球がないので、昼の12:00に合わせたサイレンは響かない?(いや、交流試合をやっているので、あるのか?)そのサイレンの音ともにお盆の昼間にいっとき75年前を思い起こす。そんな“風景”が続いてきた。  佐藤は「八月十五日の神話」や戦前戦後の「断絶性」「連続性」を重層的に捉え、描いているので、ここで行ったような簡略化はあまり適さないが、彼の研究の一端、あるいは雰囲気は伝えられたと思う。彼のこの神話に関する研究は多くのことを考えさせる。戦後日本の見方の再考をせまるものかもしれないし、現在の日本の社会やメディアを見る視点を与えてくれるかもしれない。しかし、私がおもしろいとおもうのは、記憶、それも集合的な記憶が形成されていく過程、あるいは忘却されていく過程を描くことによって、「他でもあり得た現実」がなぜそうなっているのかを示した点である。 正確な数字が出せないというなら、戦後、正確な数字を求めて、どれだけ政府は動いたのか?, 8月6日に、広島に投下された原子爆弾で何十万人の人が亡くなったのか?  佐藤は、進歩派と保守派の利害が一致した「記憶の五五年体制」によって8月15日と終戦記念日の結び付きが成立したと論じている。すなわち、丸山真男が「八・一五革命」の日として8月15日を位置づけたように、進歩派にとって8月15日は民主化のスタート地点として大変都合が良かった。また、保守派にとっても「聖断により国体は護持された」という考えから玉音放送は重要であり、終戦記念日としてふさわしかったのである。両者に共通するのは、9月2日が降伏記念日であるということを「忘却」しようとしている点である。これにさらに、1939年から8月15日に行われ続けた、うら盆としての戦没者追悼式の全国中継放送が重なることで、8月15日が終戦記念日として固まっていったのである。, 8月15日が終戦記念日であるという集合的な「記憶」が作られていく過程は、9月2日の降伏記念日や、終戦直後は国民にとって大事な日であった4月30日の「招魂祭」、「本当の終戦」と考えられていた講和条約が結ばれた9月8日の「平和の日」といったものが「忘却」されていく過程でもあった。こうした「記憶」と「忘却」の作用の結果「八月一五日の神話」はできあがっていったのである。, ▲メディアが創る「玉音体験」

ジャンドゥーヤ ガナッシュ レシピ, 芝浦工業大学 大宮キャンパス 学食, 鈴木亮平 英語 スピーチ, 警視庁 捜査一課長 最終回 ゲスト, よく 当たる 地方競馬予想, パワプロ2020 サクセス 天才, 神崎蘭子 フィギュア ゲーセン, ラファ イエット Rooms, 広島皆実高校 バスケ 2020,

カテゴリー

PAGE TOP